明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

2017年を振り返るPart3・車 

今年一番大きな買い物といったら、やっぱり『車』でしょうね。

【2017年を振り返るPart3・車】

ずっと買い替えたいと思ってはいたんです。
ただ決して安いものではいので、慎重に考えないといけなくて、正直面倒でした。
ぶっちゃけ、車に関して興味が薄いですからね。

そうはいっても10年以上乗り回していたら、さすがにガタがきます。
修理を頼む回数も増えてきたので、車検に出す前に買うことに決めました。

色々と考えた結果、HONDAのVEZELを新車で購入しました。
個人的に欲しかった要素を満たした中で、最もデザインが気に入ったのが決め手です。

既に乗り始めてから4ヵ月程経過していますが、非常に快適で良かったと思ってます。
細い道を通ることも多いので大きな車体は避けたかったですが、今のところ困ったことはないですね。
ハイブリットの中では燃費がいい方とは言えないとはいえ、給油回数は激減しただけでも助かります。

これでまた10年は乗れる……のかな?
売れる間に買い替えた方が賢いのかもしれませんけどね。

テーマ: 雑記

ジャンル: 日記

△page top

2017年を振り返るPart2・将棋 

羽生善治先生、永世7冠獲得おめでとうございます!!

一将棋ファンとして、この瞬間を夢にまで見ていました。
まさに前人未到の偉業達成。
本当に嬉しいです。

今から9年前。
2008年のシリーズで3連勝後の4連敗をした時は、まさかこれほど険しい道のりになるとは思いもしませんでした。
ここ数年は竜王戦挑戦からも遠ざかり、もう永世竜王だけは難しいのかなと思ってしまうこともありました。
それが今年、因縁の渡辺竜王との対局で奪取したことは感慨深いものがあります。

子供の頃、ちょうど将棋を覚えた時期に羽生さんが7冠独占してニュースで話題になりました。
大人になった今、また興奮させてくれる羽生さんは、今も昔も自分にとってのヒーローです。

【2017年を振り返るPart2・将棋】

今年は将棋界にとって語り継がれる一年となったのではないでしょうか。

藤井壮太四段が鮮烈な連勝記録でデビューを飾り、ひふみんの愛称が流行語にもなった加藤一二三九段が引退し、叡王戦がタイトル戦昇格で8大タイトルとなり、羽生永世7冠が誕生。
今年の将棋界のニュースには心躍らされっぱなしで、去年の嫌な騒動を吹き飛ばしてくれましたね。

自分が指すことは減ってしまいましたが、暇さえあればニコ生やabemaTVで対局を見ています。
将棋ソフトのおかげで、難しい局面の優劣も分かりやすくなりましたし、いい時代となりましたね。
この調子で来年以降も将棋界が盛り上がってくれることを願います。

テーマ: 将棋

ジャンル: ゲーム

タグ: 将棋 

△page top

2017年を振り返るPart1・仕事 

我ながら驚いたこと。
今年、まだ一回しかブログ更新していなかったんですね。

理由は一言で片づけてしまえば、余裕のなさからサボっていたということです。
元々あまりやっていなかったとはいえ、Twitterすら呟く回数少なかったですしね。
個人的に閲覧しているブログも激減して、時代に取り残された感が強いですね。

一応、ブログのことを忘れていたわけではありません。
書きたいなと思う話題も多く存在していました。
今更ながら、今年を振り返る意味も含めて、可能な限り思い出しながら書いていきたいと思います。

【2017年を振り返るPart1・仕事】

4月1日に今年唯一の更新した時にも書いていますが、今年は環境の変化が大きい一年でした。
おそらく以前より月40時間以上は勤務時間が増加しています。
立場的に求められる仕事量が増えたり、頼られることが増えました。
今となっては去年までどんな風に仕事していたのか思い出せないくらい身に沁みついています。

辛いと感じることはほとんどありませんでした、と以前語っていますが、面倒事は山ほどあります。
ストレス発散の方法を探しては、なかなか見つからない日々でした。
体力的にしんどくて、睡眠時間も増えましたね。
まぁ単純に歳を取ったからともいえますが。

新人が入ってくると、自分も昔はこうだったのかなと感慨深くなるものがあります。
自分自身の変化は気付きづらいですが、落ち着いて今考えられるのは経験を積んだからなんでしょうね。
過去の自分を思い出して恥ずかしくなる時もあります。

昇進したいって気持ちが強いわけではないんですけどね。
やるからには頑張りたいってと考える負けず嫌いなだけです。
仕事人間にはなりたくないので、他に充実できる何かができれば本当は一番いいですがねー。

△page top

謹賀新年(偽) 

あけましておめでとうございます!(嘘)
今年度もよろしくお願い致します。

正月に挨拶し損ねてしまいましたが、4月の始まりってのは新たな始まりとして相応しいですね。
決してエイプリルフールで誤魔化そうなどと思っているわけではないですよ、ええ。

多忙という言い訳は置いといて、やはり継続するためには一定の周期がある方が圧倒的に長続きしますね。
性格的な面もあるでしょうけど、一般的に何かを始めたり再開するには気力が要ります。
定期的に行っていると続けようとする意志が生まれますから、厳しすぎる周期でない限り頑張った方が基本的にいい結果を生みます。
これは別にブログ運営に限った話ではなく、習慣が大事ってことですね。

さて、今年からブログ更新をただサボっていたわけではなく、ちょっと環境的に変化があったりします。
職場での立ち位置が変わり、求められる仕事量が増えました。
しかし、辛いと感じたことはほとんどありませんでした。
というのも人間関係に恵まれたことが大きかったですね。
誰かのために頑張りたいという気持ちになったり、逆に助けて貰ったりと気分良く仕事ができました。
こんなにやりがいがあったのは久しぶりだったなと思います。
4月からまた状況が変わりますが、同じように意欲的に働くことができることを祈るばかりですね。

プライベートも充実したいところですが、来週辺りから余裕ができるのでそれから考えましょうかね。

テーマ: 雑記

ジャンル: 日記

△page top

SMAP 

全てのモノに終わりは来るけれど。
まだ終わって欲しくなかった。

「SMAP×SMAP」最終回をたった今視聴しました。

事前情報通り、メンバーのラストメッセージや出演は残念ながら叶わず。
それだけに最後に5人の「世界に一つだけの花」は食い入るように観ました。

あー。
やっぱりSMAP格好良いわ。
誰がどうこうではなく、全員大好きです。
世代的にアイドルグループといったらSMAP以上の存在はなく、それは今後も間違いないと思っています。
それだけに勿体なく感じてしまいますし、無性に寂しいです。

いつかまた5人揃って笑い合える日が来ることを願ってやみません。

テーマ: SMAP

ジャンル: アイドル・芸能

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。