明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

Twitterアイコン変更 

twitterアイコン

Twitter画像を前々から変えたいなと思っていました。
とはいえ描くのは面倒だし、アイコンにしたい画像は手元にはないし、どうしようかなと悩んでいたのですが、探せば色々と自作できる便利サイトがいっぱいあるものですね。

そのうちの一つが以下のサイト。
http://www.faceyourmanga.com/editmangatar.php

キャラメイク好きとしては、アイコン画像抜きにして単純に楽しい作業でした。
凝り始めると時間が掛かり過ぎてしまうので、あくまで暫定ですが変更。

ちなみに言うまでもありませんが、自画像っぽく作っていますけど、リアルはこんなにイケメンではありません。

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

△page top

絶対に笑ってはいけない大脱獄24時! 

大晦日といったら紅白ではなくガキの使いとなって早9年。
今回も録画して時間のある時に少しずつ観ました。

毎年今まで一番つまらなかったと言われ続ける番組ですが、そうは思っていませんでした。
何だかんだ言って面白かったし、新たな試みもいくつか見られましたしね。
でも今回の「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」は個人的に微妙だったかなぁ。
展開もネタも予想通り過ぎました。

下品なネタが例年以上に多かったのは気になりました。
ご飯食べながら観ることが多かったので、ちょっと不快でしたね。

これはいつも思うことですが、笑ってもいいコーナーが必要ないですね。
あと芸人のコーナーもあえてガキ使でやらなくてもいいと感じます。
逆に欲しいの昼食コーナーだったんだけど、今回は切られちゃったのかな。
替え歌で笑いまくった記憶があっただけに残念でした。

見慣れた人しか出てこないのも新鮮味欠けますが、その一方で逆に出て欲しかった人が出てこなかったりもしました。
ジミーちゃん、新おにぃ、ますだおかだの岡田は出て欲しかった。

一番良かったのは、テツandトモと一緒に踊った西岡徳馬さん。
あれだけは意表突かれましたねw

振り返ってみると、去年の地球防衛軍は面白かった。
替え歌、お涙頂戴からのタイキック、ホウセイマイフレンドなど今でも覚えてるネタ多いです。
ううむ、もう一度観たくなってきました。

テーマ: お笑い/バラエティ 全般

ジャンル: テレビ・ラジオ

△page top

牛たん焼き 

牛たんウマー

仕事で名古屋まで出向いたので、普段とは違うものを食べようと思い牛タン屋に入りました。
ランチメニューに牡蠣フライセットがあったので注文。

当然のごとくウマかったです。
厚みのある牛タンはもちろん、久しぶりに食べたとろろご飯が美味しくて満足感を高めてくれました。
美味しいものを食べると午後からの仕事もやる気が出ますね。

テーマ: 今日のランチ!

ジャンル: グルメ

△page top

ブログ運営の今 

心機一転、ブログのテンプレートを変更しようと思い小一時間試行錯誤した結果。
自分好みの枠組みはなかなか見つからず、ひとまず断念しました。
凝ろうと思えばどれだけでも凝れますが、時間がいくらあっても足りなくなりますね。

さて、改めてブログ運営を頑張ると宣言した直後ではあるんですが、そもそも今更ながらブログというのは、現在需要のあるものなんでしょうか?

狭いコミュニティが好まれる時代となり、タイミングよくスマホが台頭してきたことで、TwitterやFacebookなどが普段ネットに触れない人達にも浸透していきました。
己自身が簡単に発信者となることができるため、以前よりもネット上で主張する人間が増えたのは間違いないでしょう。
バカッターと蔑称される一部の人間が出てきたのは、決してそういう世代が突如出てきたわけではなく、容易に発信できるツールが手に入ったに過ぎません。
いつの時代も不良が蔓延るように、犯罪自慢をしたがる人種は一定数いるものです。

非人道的なことに限らず、何か面白いことや変わったことがあったとき、誰かに伝えたいという欲は誰しも存在していると思います。
その相手が親しい友人であれば、より一層楽しくなるのは当然です。
そして、何よりも気軽です。

その一方でブログというのは、不特定多数へ向けて発信するという意味合いが強くあるため、個人向けにメッセージを送るのに不向きです。
身内的なノリで楽しめるツールが他にある中で、わざわざブログを選ぶ必要はありません。

では、ブログの長所とはどこにあるのか。
所謂まとめ系ブログは、個人ブログともはや全く別物となるので、ここでは除外して考えます。
比較的自由な体裁で長文を書くことができること、記事の保存性と検索のしやすさ、そしてコメントやトラックバックによる新たなコミュニケーションが生まれる可能性があること。
おそらくこの辺りの3点がTwitterと比べて優秀な点だと思われます。
またFacebookとの比較においては、しがらみの少ないのが利点ですね。

ブログ運営者にとって最も重要な要素は人それぞれでしょうが、個人的には記事が残ることに魅力を感じています。
「明日へと続く記憶」とはいわば記録のことです。
今回またブログ更新を頑張るにあたって振り返って読んでみましたが、その時の熱が蘇ってくるようでした。
昔のアルバムを見て恥ずかしくなるような感覚に近いです。

要するに他のツールに比べて、自分のために更新する色合いが強いんでしょうね。
自己満足と言ってしまえばそれまでです。
それでも積み重ねてきたものは、今となっては自分にとって大事なものとなっています。

これからもブログ運営を続けていき、数年後また振り返った時、照れくさくなったり失笑できるようになっていれば素敵ではないでしょうか。
……案外こんな何のためにもならない文章をダラダラと書くことも自由なのが最大の利点だったりするのかもしれませんね。

テーマ: ブログ

ジャンル: ブログ

△page top

新たなスタート 

新年あけましておめでとうございます。
今年こそよろしくお願い致します。

昨年は一年間ほぼブログ休止させて頂いておりました。
途中から仕切り直しは無理だと痛感したので、年明けから頑張ろうと数ヶ月前から考えていました。
そのために多少の準備はしてきたつもりです。

以前と同じような記事を書いていくことになるかどうかは不明ですが、更新頻度は上がると思います。
少なくとも昨年のように24日間しか更新しなかったなんてことにはならないはずです。

一見変化がないように見えて、変わらないものはないんだなと思うことが多々ありますね。
自分自身の趣向でさえ気が付いたら変わっていることさえあります。
歳を取るとはそういうことなのかもしれません。

なので、今年の目標は「安定」としたいと思います。
良くも悪くも不安定な状況が続いたので、そろそろ落ち着きたいです。
停滞ではなく、良い状態を継続するという意味ですね。
体力的、精神的に追い込まれるとつい楽な方へと進んでしまうので、しっかりと意識しながらこの一年頑張っていく所存です。

△page top

来年から本気を出す 

そのつもりで準備はしてきましたが、はてさて。

△page top

気付くにくい変化 

全く何も変わらない、なんてことはないことを痛感する日々。

今年もまた一つ歳を取りました。
この1年間を振り返ってみた時、大したことをやっていないと思っていたけれど、意外と変化していることは沢山ありました。
時間はあっという間に過ぎ去りますけど、1年という期間は決して短くはないということですね。

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

△page top

ドラマ「HERO」 第2期感想 

今更ながらHERO第2期を最後まで観ました。
リアルタイムでドラマを観ていたのっていつ以来だろうか。
「半沢直樹」はあとからまとめて観たので、本当に記憶にないですね。

それなりに面白かったと思います。
ただ期待よりは下回ってしまいましたね。
思い出補正や年齢による受け取り方の違いを考慮に入れても、第1期の方が質は高かったと感じました。

キャスティングが全体的に高齢化してしまったのは、13年振りの放送なので仕方がありません。
それでも演技や演出は懐かしさを思い出し、今でも通用する面白さを提供してくれていました。

残念だったのは、脚本ですね。
もうちょっと練った事件があってもよかったんじゃないかなー。
悪くはないんだけど、想像を超えるものはなく全体的にヌルイなという印象を抱きました。
直前に観ていた「半沢直樹」と比較してしまうと、物足りなさを感じざるを得なかったですね。

第1期の視聴率は凄まじかった通り、数字の差が質の差となっていたと思います。
久しぶりに第1期観てみようかな。
タグ: HERO 

△page top

環境が変わって 

仕事とドラクエしかしていない日々。

△page top

ノスタルジック 

最近よく昔のことを思い出します。
元々未来よりも過去に惹かれてしまう人間なので、場合によっては後ろ向きな考えにもなってしまいます。
しかし、実際には前向きな行動が求められるため、アクションだけは起こしています。

準備期間があるだけで心の持ちようは大きく変わりますね。
覚悟が決められると精神的な負担が大幅に軽減できます。
一つの物事の決着にかけられる時間に限りがあるのが難点です。

△page top

ドラマ「半沢直樹」 第1話感想 

今更ながらドラマ「半沢直樹」の第1話を観ました。
YouTubeなどで名シーンを部分的に観たことはありましたけど、ちゃんと物語を追って観るのは初めてでした。

これ面白すぎじゃないですか?

いや、多くの人は一年前から知っていたんでしょうけどねw
こんなに面白かったら、そりゃあ大ヒットしますよ。

第1話から2時間番組ということで、映画一本を観たかのような充実感がありました。
キャスティングの妙、ムカつくほどリアルな社会、絡み合う思惑。
そして気持ちがいい半沢直樹の口上。
全く退屈させない構成で、単純にストーリーが面白い。

専門用語も上手く説明を挟みつつ視聴者を置いてけぼりにしていませんね。
多くの視聴者に支持されたのも、こういった配慮のおかげだと思います。

堺雅人の熱演は、クドさがヤミツキになりますね。
ミッチーのわざとらしい演技は、濃い面々が揃っている中だと浮いている感じがして逆に面白い。
脇役のキャスティングが実に素晴らしく、メリハリが利いていて良いですね。
赤井英和が出演しているのは知っていましたけど、ラサール石井や鶴瓶が出ているのは知らなかったです。

やられたなぁ。
これはもう全話観るしかないですね。

テーマ: 半沢直樹

ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ: 半沢直樹 

△page top

前進と後退を繰り返して 

2014年も既に半分消化ですか。
7月になったというのにあまり暑くないため、エアコンもつけずに過ごしています。
おかげで夏が到来したという感覚に乏しいですね。

ブログは絶賛放置中ですが、一応色々と動いています。
この1年間で大きく自分の中で価値観や考え方が変わったなと思います。
どのように変化したのかここでは具体的には言えないのですが、良くなった部分もあれば悪化した部分もあります。
まだまだ途中ですけど、去年からの変化は人生においても転換期になるのは間違いないでしょうね。

この夏は忙しくなりそうだなぁ。

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

△page top

諦めないことを諦めたけれど 

頑張らないことを諦めたわけではありません。

△page top

忙殺シーズンを乗り越えて 

忙しさというのは段階的に落ち着いていくものですが、ようやく余裕というものが生まれてきました。
それこそブログが書けるほどに。

毎年3月は忙しいとはいえ、これほどまでとは思いませんでした。
体力的にも精神的にも追い込まれるため、休日はダラダラと過ごさないとやっていられませんでしたね。
そろそろ各種活動を再開したいなと考えています。

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

△page top

仮面ライダー 第1話「怪奇蜘蛛男」 

初代「仮面ライダー」がニコニコ動画で毎週放送されるというニュースを知った時、これは欠かさず見なければと決意しました。

「仮面ライダー」がテレビ放送開始されたのが今から約43年前。
流石にリアルタイム世代ではなく、親の影響でビデオを観ていたのがキッカケでした。
いわゆる昭和ライダーと呼ばれる初期のシリーズは子供のころに大体観ていますが、その多くは幼すぎて記憶に残っていません。
しかし、この「仮面ライダー」だけは何度も繰り返し観たので覚えていることが多くあります。

昔は子供の夏休みに合わせて再放送などもよくやっていたので、ガンダムと同じで世代でない人でも知っている方は多いのではないかなー。
改めて1話を視聴して思ったのは、半世紀近く前の映像作品とは感じられないということ。
設定は練られていますし、脚本も古臭くなく演出もまた目を瞠るものがあります。
怪人や人間が泡になって溶けていく演出は、恐くてたまりませんでした。
CGに頼れない時代ならではの工夫が随所に見られ、当時とはまた違った楽しみ方も出来ています。

アクションも動きがダイナミックで気持ちがいいですね。
何よりもSEが素晴らしい。
あの腹の奥までめり込むかのような重低音や滞空時間の長さが伝わってくるジャンプ音など神掛かっています。
BGMの挿入タイミングも抜群で思い出補正もあって凄く楽しめました。
しかし、蜘蛛男の糸ってあんなにビニールテープっぽい質感だったかなぁw

おそらく多くの人が想像している「仮面ライダー1号」が登場するのはまだしばらく先ですね。
初見の人の反応を毎週ニコニコで追いかけるのが楽しみです。


テーマ: 仮面ライダー

ジャンル: テレビ・ラジオ

タグ: 仮面ライダー 

△page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。