明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

“文学少女”見習いの、卒業。 

“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)“文学少女”見習いの、卒業。 (ファミ通文庫)
(2010/08/30)
野村 美月

商品詳細を見る
読書期間:2010/9/9~2010/9/15

【評価……B+
発想 ★★★★★★★☆☆☆ … 7
設定 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
物語 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
人物 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
ミステリー
青春
切なさ



 ★★★★★★☆☆☆ … 7
 ★★★★★★☆☆☆
 … 7
 ★★★★★★☆☆☆
 … 7




 「わかったでしょう?邪魔よ」
 親友の瞳から、そう告げられた菜乃。しかも心葉は、そんな瞳とつきあうという!
 仰天する菜乃の前に、さらに、瞳の過去――人を死なせたと噂された三年前、彼女の側にいた人物が姿を現す。瞳に何か起こっているなら、引くわけにはいかない!心を決め、動きはじめた菜乃に、心葉は一冊の本を差し出し……。瞳が抱く秘密とは?
 そして、迫る心葉との別れと、菜乃の初恋の行方は――。
 もうひとつの“文学少女”の物語、堂々完結。

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


外伝「文学少女見習い」シリーズ、終幕。
後輩・日坂菜乃の片想いの結末が描かれています。

切なく、しんみりとさせられる良いお話でした。
寂しさに心を埋めつくされそうになりますが、僅かに希望という光が残されていて、読了後すぐにというわけにはいかずとも前向きになれる終わり方だったと思います。

前回のラストで物凄いことになっていて、どんな波乱の展開が待ち受けているのかと気になって仕方ありませんでした。
しかし、蓋を開けてみると、その点については思っていたよりも底が浅くて残念でしたね。
てっきり、ドロドロの関係が見られると思っていたんですが、菜乃が意外と大人でした。

まぁ、もちろん物語そのものは、いつも通りドロドロでしたけどね。
“文学少女”見習いの、寂寞。」は、菜乃の親友である冬柴瞳に隠された過去に迫るエピソードで、夏目漱石の「こころ」をモチーフとした、病的なまでの愛憎劇が胸にこびりつきました。
後ろ向きになっている人間に、声を届けようとするのは並大抵の力では無理だよなぁと思い知らされます。
客観的に見れば、冷静な意見も言えるんでしょうけど、当事者にはその判断ができませんからね。

さて。
文章量は「寂寞」が大半を占めていますが、あくまでこの本のメインは、心葉の卒業による菜乃との別れを描いた「“文学少女”見習いの、卒業。 」です。
二人で過ごす文芸部の時間に終わりを告げる時がやってきました。
落ち着いた雰囲気を見せる心葉が、突拍子もない言動を放つ菜乃の前に、顔をしかめたり怒ったりする――といった楽しかった日々もおしまいです。

本編で未来が語られているため、外伝のラストは最初から確定していました。
それを良い意味で裏切ってくれる、素晴らしい締め方だったと思います。

菜乃は本当にいい娘ですね。
その名の通り、隣にいる人を暖めてくれる純粋で優しい女の子でした。
彼女の成長を見守ることができる外伝作品が生まれてくれたことに、感謝します。

数年後、心葉もびっくりするくらい大人な女性になって……いなさそうだなw
どれだけ時が経っても、きっと菜乃は晴れやかな笑顔の似合う女の子なんでしょうね。

文学少女を語る上で、欠かせない作品になったと言っても過言じゃないはずです。
読んで良かったと思える、とても素敵なお話でした。

失恋から始まり失恋で終わる、幸せな片想いがここにあります

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  文学少女  野村美月  竹岡美穂  評価B+ 

△page top

« 『とらドラ!』4巻 感想 (電撃コミックス)
バカとテストと召喚獣8 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/997-a73c21ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。