明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

多摩湖さんと黄鶏くん 

多摩湖さんと黄鶏(かしわ)くん (電撃文庫)多摩湖さんと黄鶏(かしわ)くん (電撃文庫)
(2010/07/10)
入間 人間

商品詳細を見る
読書期間:2010/8/2~2010/8/4

【評価……B+
発想 ★★★★★★★★☆☆ … 8
設定 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
物語 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
 … 3
人物 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
文章 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
挿絵 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
ラブコメ
変態
リア充



 ★★★★★★☆☆☆ … 7
 ★★★★★★★★
 … 9
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8




 Q:年上のおねえさんは好きですか?
 A:はい、俺は大好きです。
 二ヶ月前から付き合い始めた多摩湖さんは、年上だけど下級生という大人な女性だ。
 そんな素敵なおねえさんと、エロいゲームを密室でプレイする、二人っきりのカードゲーム研究会の魅惑の日々を描いたのが本作である!(でも本当にそれだけなんだよなあ)
 おっと。いちおう断っておくけど、多摩湖さんと俺は、決してキャッキャウフフなバカップルじゃない。二人だけのゲームにいそしむ変態カップルだから。
 ……いいのかそれでー。

【感想】


俺達バカップルじゃねーよと勘違いしている変態カップルのイチャイチャ記録。
さすが、入間作品。
普通のカップルではありませんでした。

リア充爆発しろ!の一言で感想締めてもいいんじゃなかろうか。
タイトルとあらすじで完結しちゃってるもんなー。

一応改めて説明すると、高2男子の黄鶏くんと、19歳なのに高1女子の多摩湖さんがラブラブする話です。
それ以上でもそれ以下でもありません。
ただひたすらに部活動であるカードゲームを独自のエロティックルールにして遊び尽くすくだりが描かれています。
ストーリー?そんなものは、犬にでも食わせておけ!といった内容です。

脱衣ポーカー」とか「キスババ抜き」など、サブタイのゲーム名からして凄いというか酷いw
付き合い始めたばかりでノボせているカップルの空気は、ニヤニヤを通り越してイライラもしてきますが、あまりに突き抜けた二人なので、ここまで来ると外野から見ていても楽しくなりますよ。
まぁ、個人的には面白かったものの、人を選びまくる作品でしょうね。
入間節である脳内垂れ流しのような文章も濃度高めですし。

怒涛ともいえる会話の応酬に乗れるかどうかが大きなポイント。
改行せず紙面びっしりと埋め尽くされたダイジェスト風の短い会話が特徴で、もはや小説ではない気がします。

最初は多摩湖さんに振り回されていたのに、回を追うごとに変態としてレベルアップする黄鶏くんがヤバイ。
ある意味、男子高校生として正しい姿なのかもしれませんが。
こんな可愛いお姉さんに誘惑されてしまっては、仕方がありませんよ。うん。

左さんのイラストを、じっくりと鑑賞できるのもいいですね。
みーまーでは、扉絵に立ち絵があるだけでしたしね。
カラーイラストに比べて、挿絵は少々雑なものもありましたけど、可愛かったから良し。

ただ、これは単作で十分かな。
シリーズで続かれても、胃もたれしそうだw

ちなみに、著者の「電波女と青春男」にもリンクしているので、要チェック。

変態バカップルの惚気話を延々と聞かされるラブコメ

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  多摩湖さんと黄鶏くん  入間人間    評価B+ 

△page top

« ラ・のべつまくなし2
アマガミSS 第1~25話感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/980-79934bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。