明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

『ピューと吹く!ジャガー』20巻 感想 

ピューと吹く!ジャガー」の最終巻である20巻を読みました。

連載10周年と同時の完結だったそうです。
10年も続いていたんだなぁ。

声を出して笑う数少ないギャグ漫画ですね。
セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」を読んだ時は衝撃でした。
それ以来、ずっと追いかけている漫画家さんの一人です。

「ジャガー」も、初期の頃は発売日に欠かさず購入していました。
しかし、10巻過ぎたぐらいからは売っているのを見かけたら買う程度になってしまいましたね。
他の週刊漫画と異なり、単行本が出るタイミングが不規則で忘れやすいという理由もありますが、熱心に追いかけることがなくなってしまったというのも事実です。
やっぱり、どれだけ面白い漫画でも、慣れてしまうもんなんですよね。
特にギャグ漫画は、パターンが固まってしまうとオチが読めてしまうという致命的な問題も出てきます。

ここ数巻は、更にその傾向が強く出始めていました。
作者のうすた京介さんもあとがきで苦労したと書いていましたが、読んでいても伝わってきましたね。
そういう意味では、このタイミングで終わるのは良かったと思います。

最終巻の中身も、マンネリ感は拭えなかったですね。
一番良かったと思ったのは、最終巻特別企画である「みんなのその後」。
中でも、さやかちゃんのエピソードは正直ドキッとさせられた。
普通に可愛いってか、ピヨ彦が駄目男すぎるw

シリーズ通してのお気に入りキャラを上げると、1位が福嗣くん、2位がビューティー田村でした。
この二人のエピソードはもうちょっと見てみたかったなー。

面白かったのは確かなんですが、この作者さんならもう一段上を狙えるはずです。
休息を挟んだのち、また帰ってきてくれることを切に願います。
10年間お疲れさまでした。

ピューと吹く!ジャガー 20 (ジャンプコミックス)ピューと吹く!ジャガー 20 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
うすた 京介

商品詳細を見る

テーマ: ピューと吹く!ジャガー

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ピューと吹く!ジャガー  うすた京介 

△page top

« ワーネバプレイ日記 Part10 ナルル王国192年21~22日
電撃文庫2010年12月購入作品  »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/959-48ad9e48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。