明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ワーネバプレイ日記 Part2 ナルル王国192年5日~8日 

何気なくプレイ開始していましたが、ナルルは3日からのスタートなんですね。
1,2日のイベントのことを考えると、始まりの日としてはベストなんでしょうが、中途半端な感覚もあり多少もにょる。
そして、何度か作り直してみても、PCの誕生日が3日で固定だったような気がする。
気のせいかな?

▼ 192年 5日

とりあえず、レジーヌ・ヘッセに付きまとうのも程々にしておく。
仲良くはなりたいけれど、この国のことについて未だ全く知らないので、まずは環境になれなくては。

まずは仕事(エルグ)だろうと思い、仕事場に行ってきました。
入国審査のときに選んだ仕事は、シーラ・エルグと呼ばれる漁場です。
要するに、釣りですね。
プルト共和国時代から、釣りの仕事が好きなんですよ。

この日は、ひたすら釣りまくってみて、1日で稼げる業績ポイントがいかほどかをチェック。
釣り上げる魚の種類によっても当然異なりますが、慣れない動きでやっても500は到達するようです。
ランクが上の人を見ると、既に今年の業績が何千という数字となっていました。
いつかは、ランク1位になってやるぜ。

最後に釣り上げた魚は、自宅へお持ち帰り。
今晩は料理にも挑戦しようと思い、2種類の安い魚を使ってキッチンで調理してみました。
出来たのは、素材の味を活かした「魚介のスープ」。

いただきます!

どうやら美味しかったようです。
今作は、テーブルにて料理を食べられるので、しっかり食事をしている感覚があって楽しいなぁ。
ヘッセ家の食事風景も見ましたけど、家族が揃って食べているシーンは和みました。
食べても食べなくても関係ないんでしょうが、毎晩できるだけ食事をしようっと。

▼ 192年 6日

今日は、地理を覚えようと色々歩きまわってみることにした。
自宅と職場があるシーラル島は探索できるところは少なめで、本島となるロークス島を練り歩きました。
市場や訓練施設などを覗いていると、レジーヌとしばしば会います。
活動の場が同じ島だと、結構挨拶する機会が増やせるものですね。

地図上で北側に温泉があることを知り、歩き疲れたストレスを回復しようと足を運んでみると……。

ミナハトさん登場

温泉入った直後に、バイキングのおっさん(全裸)が気さくに話しかけてきた。
誰だよお前w
マップ変わった瞬間だったら、余計に驚かされました。
親善大使なんて人もいるんだなぁ。

帰りにヘッセ家により、レジーヌに声をかける。
「君といると楽しいなぁ」という言葉に好意的な返事をもらい、友人となることができました。

レジーヌと友達になりました

今回の友人システムは、かなりいいと思いますね。
恋人システムのように段階を踏ませることで、知人との区別がキッチリ出来ているところが嬉しいです。

▼ 192年 7日

毎年7日は「放生の日」と呼ばれ、各エルグにて特別な儀式があるらしい。
シーラ・エルグでは、稚魚ならぬ稚ミラグの養殖をする行事のようだ。

ミラグ養池

なんかでかい。
これが育つのか……?
世話というコマンドが出るけど、定期的に見に来なきゃいけないのかしら。

そのまま職場にて、魚釣りに勤しむ。
時折、エルグに納品せず、市場に持っていき売りさばいてみました。
ちょっとしかやりませんでしたが、そこそこイイお金になりますね、これ。

▼ 192年 8日

休日なので、買い物にでも行こうとヤァノ市場に立ち寄ったところ、レジーヌとばったり出会う。

レジーヌと本当の友達になりました

おおう、相手から言われると照れるなw
つーか、レジーヌにとっては、カケルはまだ知人でしかなかったのかな。
これでようやくお互いにとって、友人となったってことなんだろうね。
そんなの関係ねえ!とばかりに「付き合って欲しい」と連呼していたよw

せっかくなので、市場でレジーヌに贈るプレゼントとしてミラの鏡を買ってみた。

初めてのプレゼント

一度目は断られたけれど、もう一度声をかけてみたら受け取ってくれて、ホッと一息。
このまま残りの時間も、ずっとレジーヌをストーキングしてましたw
この娘、あっちこっち移動してるけど、仕事も訓練もしてないw

他人の生活を垣間見るのも、ワーネバの醍醐味の一つでしょう。
しかし、ナルルでは子供以外のNPCに対して「何してるの?」という選択肢が排除されているんですよねぇ。
NPCの行動指針が分かって面白かったのになぁ。
顔グラに次ぐ第2の不満点ですね。

テーマ: ワールド・ネバーランド~ナルル王国物語~

ジャンル: ゲーム

タグ: ワーネバ  ナルル王国  PSP 

△page top

« ワーネバプレイ日記 Part3 ナルル王国192年9日~10日
このライトノベルがすごい!2011を買ってきた »

この記事に対するコメント

ワーネバってゲーム自体に画面キャプチャ機能ついてるんですか? 最近そういうゲーム増えましたけど。
それとも、ワーネバのためにPSPキャプチャできる機材をそろえたとか……(;°ロ°)

URL | 八神 #lhH3Dtmk

2010/11/21 09:00 * 編集 *

>八神さん
セレクトボタン押せば、いつでもSS撮れますね。
プレイ日記を書くのに重宝しているのは言うまでもなく、仮想人生のアルバム感覚で見ることができて楽しいですよ。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2010/11/22 04:55 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/944-b1474c32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。