明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

キーリⅢ 惑星へ往く囚人たち 

キーリ〈3〉惑星へ往く囚人たち (電撃文庫)キーリ〈3〉惑星へ往く囚人たち (電撃文庫)
(2003/08)
壁井 ユカコ

商品詳細を見る
読書期間:2010/7/17~2010/7/19

【評価……B+
発想 ★★★★★★★★☆☆ … 8
設定 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
物語 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
人物 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
文章 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
挿絵 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
世界観
安定感
期待度



 ★★★★★★★★☆☆ … 8
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
 ★★★★★★★★☆☆
 … 8




 “砂の海を渡る船”を降りたキーリと<不死人>ハーヴェイそしてラジオの憑依霊・兵長は、炭鉱の街に住むことに……。キーリは初めてのアルバイト生活を楽しんでいたが、ハーヴェイはほとんどの時間をアパートの部屋で過ごしていた。
 ある朝、アルバイトに出かけるキーリを狙うかのように、上の階からフォークが落ちてきた。なんとか防いだハーヴェイは、フォークを落とした張本人の部屋に向かう。しかし、そこは空き部屋になっていて――!?
 第9回電撃ゲーム小説大賞<大賞>受賞作、第3弾!

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


まわりくどい性格の少女と面倒臭い性格の男がくっついたり離れたりする話、第3巻。
上記は、あとがきで作者がこの作品を説明をする言い回しですが、これ以上ないぐらいピッタリですね。

船旅を終え、とある炭鉱の街に滞在することになったキーリたち。
慌ただしい騒動も一段落し、ようやく落ち着いた生活を過ごせるになっていた。
しかし、人間と不死人が共に生きるには、数多くの障害が立ち塞がっていた……という内容。

このシリーズは、やっぱり巧さを感じさせますね。
堅実な文章が好感持てます。
今回の舞台である炭鉱の街の黒い煙を吸い込んでいるかのような感覚までもが伝わってくるのは凄い。
本の中に入り込むという意味では、この作者さんは相当ハイレベルですよ。

物語は、似たようなことをやっているとはいえ、少しずつ二人の関係が密接になってきているので、意外と飽きることなく読めます。
キーリの考えているようで考えていないところは、いかにも年頃の女の子って感じがして、いわゆる萌え系作品の女の子とは異なるリアルな魅力がありますね。
ぶっきらぼうな態度を続けるハーヴェイも、長年生きている割には精神的の脆い面が多く、外から二人を見ていると、もどかくなってきます。

そこで登場した新キャラのベアトリクスは、イイ姉御キャラですね。
キーリとハーヴェイが甘く考えている点を、的確に突いてくれます。
おそらくは転換期となる今回、絶妙な立ち位置だったなぁと思いました。

新キャラといえば、脇役のバズ&スーズィー夫婦も良かった。
無口で巨漢の夫+人の良い奥さんが経営している飲食店という設定は、「魔女の宅急便」に出てくるおソノさんたちにしか見えません。
読んでいて勝手に脳内ボイスで変換されていました。

SF要素が絡んできますが、これはこれでありかと。
ますますワイルドアームズ風な世界観になってきましたね。

田上俊介さんのイラストが変わってきたのは、この辺りからですね。
ここまでは、凄く好きだったのですが……。

さて、これで再読は完了です。
次巻から、遂に初読になります。
数年ぶりに読むキーリ新刊が非常に楽しみです。

残り時間に差がある男女が今後の付き合い方を改めて考える話

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  キーリ  壁井ユカコ  田上俊介  評価B+ 

△page top

« 『蒼空の渡り鳥 -Moon Night Walker-』閉鎖
電波女と青春男⑤ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/939-3b9a506b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。