明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

夢、あと二歩届かず 

2010年日本シリーズ第7戦に敗れ、中日ドラゴンズは日本一を逃しました。

まずは最初に。
ロッテの選手、監督、スタッフ、ファンの皆さん、日本一おめでとうございます。

CSから勝ち上がってきた3位からの優勝、そして日本一に疑問符を投げかける人もいますが、何ら恥じることもない誇っていいことだと思います。
史上最大の下剋上と言われていますけど、ペナントシーズンだって首位と2.5ゲーム差しかなかったのですから、プレーオフ制度が始まって以来、最も納得のいく勝ち上がり方だったのではないでしょうか。
これが、借金ありの3位とかだったりすると、さすがにしっくりこないところでしょうけどね。

各所の予想では、中日が有利という声が多かったようですね。
確かに、投手の枚数が揃っているチームは、短期決戦ではかなりの強みとなります。
しかし、自分はロッテには分が悪いだろうなーと思っていました。

理由は、今年の交流戦を見ていたら分かります。
はっきりいって、セ・リーグとパ・リーグで実力の差がつきすぎました。
あの時に、野球の質が違うと思い知らされましたね。

もちろん、全力で応援はしていました。
ただ、良くて五分の戦いかなと。

敗因は……うーん、やっぱり打線かなぁ。
打てる選手が限られ過ぎ。
いくら守りのチームだからといっても、点を取らないと勝てないのが野球ですしね。

第7戦で、早々に森野がケガで退場してしまったのが痛すぎた。
大島がブレイクしたおかげで、7点とることはできましたけど、中盤からは完全に打線が分断されてしまっていました。
第8戦までもつれこんだ場合、球場に足を運ぼうと思っていただけに残念でしたね。

来年こそは、この雪辱を果たして、念願の完全制覇となるよう願います。

テーマ: 中日ドラゴンズ

ジャンル: スポーツ

△page top

« 電撃文庫2010年11月購入作品
2010年日本シリーズ第6戦 中日ドラゴンズvs千葉ロッテマリーンズ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/935-f30cb862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。