明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ココロコネクト キズランダム 

ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)ココロコネクト キズランダム (ファミ通文庫)
(2010/05/29)
庵田 定夏

商品詳細を見る
読書期間:2010/6/10

【評価……A
発想 ★★★★★★★★★ … 9
設定 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
物語 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
人物 ★★★★★★★★★
 … 9
文章 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
挿絵 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
青春





 ★★★★★★★★ … 9






 “人格入れ替わり”現象を乗り越え、太一たち文研部員はおだやかな日常を取り戻した。そんなある日の放課後、突如稲葉が太一に襲いかかる!さらに唯が見せた、机を叩き割るという過剰な行為。そして太一と伊織には奇妙な感覚が湧きあがった――体が、勝手に、動きだす?そんな矢先、太一は青木と唯が補導されたと聞かされて……!?再び現れた<ふうせんかずら>と新たな試練。それは五人の絆を打ち砕く!愛と青春の五角形コメディ、痛みと涙の第二弾!!

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


1巻が面白くて、思わず勢いで読んでしまったココロコネクト、第2巻。

これもまた文句なしに面白かったです。

人格入れ替わりは終結し、平和な日常が戻ってきた文研部員たち。
しかし、穏やかな日々は長くは続かず、またしても奇妙な現象に巻き込まれてしまう。
今度の現象は、その瞬間の欲望を抑えきれずに行動に移してしまうというもの。
相手を思いやり心の内側に留めていた言葉を、歯に衣を着せない言い方で放ってしまい、お互いに傷つけあう太一たちは、果たして乗り越えられることができるのか?……というのが主な内容です。

入れ替わりの設定ありきの1巻が終わり、2巻はどうなるのかと多少不安でしたが、杞憂でしたね。
前回で各キャラの悩みを解決させたように見せておいて、それを土台から引っくり返す手法に感心させられました。
うーむ、程度の差で納得させた背景があるため、理性が効かない欲望解放のヤバさがなお伝わってきますなぁ。

特に太一の思考回路の危険性がモロに出たのは良かった。
傲慢とも言える行動に、太一自身が身を持って体験して気付けたのは、幸運だったのではないでしょうか。
頑固な性格だから、痛い目に遭わないと、人からの言葉だけでは耳を貸さないだろうし。
主人公として、彼の成長が見てとれて、嬉しい気持ちになりました。

しかし、そんな建前が吹っ飛ぶぐらい、稲葉んが可愛すぎた。
そつなくこなす完璧キャラだと思いきや、内面の脆さが乙女チックすぎるわ。
ギャップ萌えの破壊力をまざまざと見せつけられた。
もうね、太一視点のラスト一文には、激しく同意せざるを得ないってもんですよ。

そんな稲葉と向き合う伊織や、唯を救おうとする青木の格好良さにも惹かれました。
仲間同士で傷つけあいながらも、助け合って一緒にいようとする彼らの姿も眩しいのなんの。
いやはや、青春だなー。
楽しい気分を分け与えてもらいつつも、鬱な気分になるくらいに羨ましい。自分で言ってて意味がわからん。

太一と伊織のカップリングが一番好きでゴールして欲しいと思いつつも、稲葉んにも純情な乙女モードを継続してもらいたいと思う自分は、結構酷い人間だと自覚しています。
この三角関係が、どう発展していくのか。
今月末の3巻の発売が待ち遠しいです。

唐突に欲望に忠実になる現象が起こることで、仲間同士で傷つけあうことになる青春物語

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  ココロコネクト  庵田定夏  白身魚  評価A 

△page top

« 空ろの箱と零のマリア4
強くなりたい一心で »

この記事に対するコメント

青春は ケンカをしても 仲直り

 あ、秋空翔さんも、女の子としては伊織がお好きでしたか。 昨日の今日というグッドタイミングですので、今日も早速綴りたい思いをコメントします。

 ある意味前巻以上の難敵です。欲望解放だけは経験したくないですね。 まあでも、静まり返っている時に叫んでみたくなるのが僕一人でないことが分かって安心しました。

 何事も正面から受け止める太一にとって、今回の件を通じて成長できた部分は大きいでしょうね。 119ページのイラストとか、前後の文章と合わせて爆笑してしまいました。

 青春。ぶつかり合えるって、いいですよね。巻を重ねるごとに、青春度数が上がっている気がします。

 男2・女3の場合、その物語が良質であればあるほど、あぶれる人が魅力的に映る法則があるような気がします。というわけで、青字で書かれた感想については、概ね賛意を示したいと思います。
 主人公じゃない方の男に関しては、自動的にあぶれたキャラをもらえるわけではないので、全身全霊の努力が必要だと思われます。あと、揺れずにターゲットを絞っておくのも大切なことです。というわけで、青木はなんだかんだ言っていい目を見られそうな流れで来ています。

 3巻の発売も秒読み段階に入りました。ほんと言うと、すごすぎて、ネタが続かないんじゃないかと心配していました。だけど、『ココロコネクト カコランダム』という3巻のタイトルを聞いて、あ、これならまた楽しませてもらえそうだと期待しています。

URL | 紫電 #hfCY9RgE

2010/09/23 22:15 * 編集 *

>紫電さん
確かに、自分に起きるとしたら、人格入れ替わりよりも欲望解放の方が嫌ですね。
引きこもりたくなる気持ちも分かります。

中高生に読んでもらいたいラノベの1冊として挙げてもいいかもしれませんね。
青春できる年代は、是非とも謳歌していただきたいw

青木と唯の組み合わせも、結構好きですね。
普段はおちゃらけている青木ですが、太一も作中で言ってる通り、案外大物ですよ。
5人ともキャラが立っていて、本当に好感が持てます。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2010/09/29 01:05 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/900-8c093ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。