明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

リバーズ・エンド after days 

リバーズ・エンド after days (電撃文庫)リバーズ・エンド after days (電撃文庫)
(2004/06)
橋本 紡

商品詳細を見る

【評価……C+
舞台 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
物語 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
人物 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
文章 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
挿絵 ★★★★☆☆☆☆☆☆
 … 4
オススメ度 ★★★★☆☆☆☆☆
 … 5

一年が過ぎようとしていた。自らの足元を見つめ、戸惑い、けれど彼らはそうやって“何か”を見つけだしてゆく――。
二ノ宮直人は故郷にいた。家族との平穏な生活。当り前の日々。でもさ、と直人は思う。こんなんでいいのかよ……。
豊かな生活の中、紺野七海はスクールでの日々を思い続けていた。四方弥生が闇と向き合っていることに気づかぬまま。
そして瀬川拓己はスクールに残っていた。そばにはいつも、あの唯がいた。拓己は自らに問う。僕は誰と暮らしているんだろう。隣を歩いているのは誰なんだろう。
『リバーズ・エンド』スペシャル、八人のアフターデイズを綴った一冊が登場!

<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>

リバーズ・エンドの後日談を描いた作品。
第6巻と称してもいいような気もするけど、一応物語としては5巻で終止符が打たれているからこれでいいのかな。
もちろん、当然の如く先に5巻まで読んでおかないと半分くらいしか楽しめません。

SF要素がなければ、こうも違うのかと言いたく程の出来です。
ここまで読んできた人なら、5巻が楽しめた人もそうでなかった人も読むべきだと思います。
これこそリバーズ・エンドの締めに相応しい内容だと言えますね。
作者が書きたかったのは5巻の内容だったのかもしれないけど、読者が期待してたのはこういった日常シーンだったんじゃないかな。

あらすじを読んでの通り、3人のキャラクターをピックアップしています。
3人を主人公にした後日談が1話ずつあり、その合間にそれぞれの話を繋ぐ小話が挟み込まれています。
非現実的な閉鎖空間から解放され、元の日常または変化した日常の中に身を置く少年少女たちの揺れ動く心情が細かく書かれています。

個人的には、直人の話が一番面白かったかな。
直人のツンデレっぷりが、かわいらしかったw

会話中心で進む小刻みなテンポも復活して、非常に読みやすかったです。
毎度のことながらページ数の割に、あっさり読めてしまえます。

やっぱり、この作者は何気ない日常的なやり取りを読ませるのが上手いんだよね。
それに関しては、素直に楽しめます。
だから、リバーズ・エンドの結末には残念だったけれど、作風は嫌いではないですね。
長所と短所がこんなに分かりやすい作家って、あまりいないんじゃないかなって思います。

長いようで短かった気もするリバーズ・エンドもこれでおしまいです。
突っ込みたいところは山ほどあるけど、最後に一つだけどうしても気になったことがあります。
2巻に出てきた六川豊の存在ってなんだったんだろうか……と。
あの惨状もだけど、そのあと誰にも思い出されないというのが可哀そうすぎる。
しかも、文字通り体を張って示した共生体の設定は、いつの間にかに忘れられているしね。

さてと、半分の月がのぼる空に手を出すべきかどうか悩むなぁ……。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  リバーズ・エンド  橋本紡  高野音彦  評価C+ 

△page top

« ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
「う~ん、どうしたものかなぁ……」 »

この記事に対するコメント

最後の最後で持ち直したって感じですかねー。
六川豊……いましたねー、そういえば。
てっきり生徒たちがあんな風になってしまうのかもという恐怖をずっと引きずるのかと思ったんですが、どうやら彼らはたくましく忘れて生きていったようです(ノ∀`)
六川君に黙祷ーっ(-人-)

URL | 黒依緑人 #2qaJ23q.

2008/01/12 15:00 * 編集 *

>黒依さん
まぁ、僕が後日談を語られるのが好きというのを考慮に入れないとしても、よかったかと思いますね。
最後のシーンは、もう少し見たかった気もしましたが、あそこで終わらせるのが一番綺麗だったんでしょう。
六川豊は報われませんよねぇ。
それと、1巻で都市ごと消滅させられた人々も、果たして意味はあったんでしょうかね。
心情に関しては定評あるけれど、大きな穴も目立つ作品でしたね。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2008/01/13 03:41 * 編集 *

我が意を得たりっ!

 このシリーズの内容、今では結構忘れましたが、六川豊の理不尽な犬死にっぷりは強く印象に残っています。見事なまでに、その後彼の存在は触れられませんでしたからねえ。 

 作家さんのHPのリンクを新設した記事で、読書記録をのぞいてみました。それで、橋本紡先生の名前を見かけたわけです。
 今さら言っても手遅れですけど、秋空翔さんには、『リバーズ・エンド』のシリーズのためにかけた時間とお金と労力を、『半分の月がのぼる空』のシリーズのためにかけてほしかったなあ、とつくづく思います。
 橋本紡先生の『猫泥棒と木曜日のキッチン』が、先日新潮文庫で文庫化され、パラパラ読み返しています。この人も、いろいろな紆余曲折があって、ここまで来たんだなあ、と何だか感慨深いです。
 

URL | 紫電 #6PAIDQmo

2008/12/15 20:50 * 編集 *

>紫電さん
「リバーズ・エンド」は僕も既に懐かしい思い出になりつつあります。
1巻がこのブログを立ち上げて初めて書いたラノベ感想だったんですよねー。

その後、多くのラノベを読んでみて改めて思うのは、この作品ほど評判と質との差を感じたものはないなぁということですね。
そういうこともあって『半分の月がのぼる空』は結局まだ手を出していません。
読んでみたい気持ちはあるんですけど、また世間とのずれを感じるかもしれないと思うと、躊躇ってしまうんですよねぇ。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2008/12/16 03:11 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/86-12272296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。