明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ハイドラの告白 

ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)
(2010/03)
柴村 仁

商品詳細を見る
読書期間:2010/4/6~2010/4/13

【評価……B-
発想 ★★★★★★☆☆☆☆ … 6
設定 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
物語 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
人物 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
ミステリー
構成




 ★★★★★★☆☆☆☆ … 6
 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6





 絶望的な恋をしているのかもしれない。
 私がやってくること、全部、無駄な足掻きなのかもしれない。――それでも私は、あなたが欲しい。

 美大生の春川は、気鋭のアーティスト・布施正道を追って、寂れた海辺の町を訪れた。しかし、そこにいたのは同じ美大に通う“噂の”由良だった。彼もまた布施正道に会いに来たというが……。
『プシュケの涙』に続く、不器用な人たちの不格好な恋の物語。

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


切ない恋物語を描いた「プシュケの涙」の続編。

何というか、普通の小説だなぁ。
ラノベ色を除いたメディアワークス文庫としては、成功しているのだと思います。
ただ、この方向性で行くのであれば、個人的には微妙かも。

面白くないわけではありません。
物語は地味だけど通して読ませる力はありますし、筆力も確かです。
淡々と進み過ぎかなーという点は否めませんけれど、大きな欠点はありません。

ラノベであった「プシュケの涙」との一番分かりやすい違いは、登場人物の年齢ですね。
前作のキーパーソンだった由良は、今回も重要人物として登場しますが、あれから3年の月日が経っています。
高校生から大学生へとシフトしており、それに伴って作風も閉鎖的なものから変化が見られました。
視野の狭さが改善されたとでもいいましょうか、随分と一般向けになりましたね。
どちらがいいかとは言えませんが。

ミステリー風の前半と恋愛ストーリーの後半で2つに分ける構成はそのまま受け継がれています。
ただし、前作ほど効果的であったかというと、意味は薄かったと言わざるを得ませんね。
繋がりが弱すぎて、ほとんど別物語を読んでいる感覚でした。
せめて、もう少し重厚、または濃厚な内容であると読み応えも増したんだけど……。
まぁ、「プシュケの涙」を超えるインパクトやカタルシスを求めるのは酷かな。

そういえば、レーベルが変わったけれど、表紙は相変わらず綺麗でセンスを感じました。
読了後に見直すと、また違う味が出てくるところなんかも計算しているんでしょうかね。

己の進むべき道を確立するために寄り道をする不器用な若者たちの物語

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  ハイドラの告白  柴村仁    評価B- 

△page top

« とらドラ・スピンオフ3! 俺の弁当を見てくれ
ラノベ部 »

この記事に対するコメント

三部作の二作目

 毎日記事を更新されているので、楽しく見ています。こちらもその勢いにあやかって、感想をつけていきたいと思いました。

 本作は、『プシュケの涙』・『ハイドラの告白』・『セイジャの式日』と続く三部作の二作目にあたります。刊行された順に読むのが一番いいんだと思います。 それと、僕自身が結構間を空けて読むことになってしまったから言うんですけど、前作の内容を忘れかけるくらい間を置くのは、わりとまずいです。ほどほどのペースで読んだ方がよさそうです。

 半年くらい前から、こう書こうと決めていました。『「単品でもお楽しみいただけます」みたいな言葉はよく耳にしますが、この作品は、三部作の二作目として読むべきで、単品で読むのはお勧めしません。』と。
 ちなみに一作目の『プシュケの涙』の方は、単品でも楽しめます。が、読むと他二作が気になって、結局は三作とも読むことになるのではないでしょうか。

 さて、内容ですが秋空翔さんのレビューにもある通り、前半と後半で物語が2つに分かれています。そして、たしかにそのつながりは薄いです。読む前に、その情報を知っていたことで、そこにつっこまずに済みました。
 後半の恋愛物語を読んで、女性の心理がよく描けているなあと感じました。で、よく考えてみたら著者が女性であったことに思い当たりました。

 現在は『セイジャの式日』の後半を読み始めたところですが、この二作目は、下地作りみたいな意味合いで、やっぱり三部作として必要な話だったのかもしれないな、とは感じました。読了後の感想としては、「何だかなあ」だったんですけど。

 表紙は、たしかにそうですね。言われて気付きましたけど、読了後に見直すと、たしかに違った見え方を感じます。

URL | 紫電 #-

2011/01/12 23:32 * 編集 *

>紫電さん
作品間に時期差もあるので、連続で読むよりも多少は期間を空けて読むのもいいかもしれません。
ただまぁ、前回の内容を忘れしまうと追いかけるのが大変になりますが。

今作から手に取った人がいたとすると、ちょっと勿体無いですね。
「プシュケの涙」の後に読んでこそ、由良の心情を深く共感できますから。

そういえば、著者は女性作家でしたか。
すっかり忘れていましたよ。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2011/01/15 00:31 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/840-aaea9fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。