明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

俺の妹がこんなに可愛いわけがない4 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)
(2009/08/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る
読書期間:2009/12/8~2009/12/10

【評価……B
発想 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
設定 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
物語 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
人物 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
コメディ ★★★★★★☆☆☆
 … 7
パロディ ★★★★☆☆☆☆☆
 … 5

「人生相談、次で最後だから――」
妹・桐乃から突然の最後通告をされたものの、あの野郎、肝心の相談内容については何も言ってきやしねえ。
一方俺は、あやせの相談にのってやってコスプレ大会に同伴したり、久しぶりに麻奈美を家に呼んだらとんでもねーことになったり、沙織が開いた「ケータイ小説発売記念パーティ」に呼ばれて行ったら、何故か桐乃や黒猫やらがメイドのカッコして出迎えてきたりと騒々しい日々を送っていた。
そのうち段々と俺も、あれは聞き間違いだったのかもなぁなんて思い始めていたんだが……。

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


オタク妹と距離の取り方how to本としても活用できる(?)人気シリーズ第4弾。
終わりが近いと思っていたら、どうやらまだまだ続くようです。
そりゃまぁ、結構売り上げいいですから当然か。

不思議と面白いんですよね、このシリーズ。
本来であれば、糞生意気な妹の桐乃に腹が立って感想どころではなくなりそうなものですが、読み終わってみると苛立ちだけではなく面白かったなという充実感もあるんですよ。
このバランス調整はお見事です。

短編仕立てとなっており、適度が長さが読みやすいのも長所の一つでしょう。
ラノベの中には会話ばかりでページ数はあっても文章量が少ないものもよくありますが、この作品はそこそこ読み応えもありつつサクサクと読めます。
一人称というのも大きなポイントかもしれませんね。

基本的な流れはいつも通りなのですが、終盤に物語が急展開しています。
次巻への引き方が素晴らしく、新展開に期待の持てる内容となっていますね。
さすがに似たようなエピソードが続きすぎていたので、イイ頃合いだったかと思います。

ちなみに、今後のルートを決める読者投票のアンケートが物凄く不評ですが、個人的にはどうでもよかったり。
この手の話だと、桐乃と微妙に仲良くなってお終いという無難な展開が多いので、予想を裏切ってくれると嬉しいな。
ただ、恋愛的な意味では京介の相手は麻奈美以外考えられませんがね。
黒猫も可愛いとは思うけれど、今の距離がベストだと思う。
桐乃?……あるわけがない。

オタ妹の影響で順調に知識を蓄えていっている兄貴が面白可笑しくて可愛らしい

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  俺の妹がこんなに可愛いわけがない  伏見つかさ  かんざきひろ  評価B 

△page top

« ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス
ごくペン! »

この記事に対するコメント

 僕自身はネタバレした上で読みました。まだ未読の人は、なるべくネタバレせずに読めるといいですね。ニコニコ動画のコメントによるネタバレにはご注意を。やっぱり刊行されてすぐ、発売順に読んでいくことは大切ですね。

 ある意味3巻で終わらせておくのもひとつの形だったんじゃないかと思えるほど、3巻のラストはきれいにまとまっていましたからね。だけど、続いてくれて嬉しいです。

 このシリーズは、ラノベでできることの自由度を広げるっていう意味でも貢献しているなあ、と思います。一般小説なら、純粋に文字と行間だけで勝負しなくちゃいけませんが、ラノベはそうじゃないんですよね。もちろんこの作品に限ったことじゃなく、近年の売れ筋のラノベでは、昔はなかった斬新な表現技法というのがたくさん使われていて、厳密に俺妹が発祥というわけではないのかもしれませんが、それでも効果的な使い方をしていることは間違いないと思います。

 可奈子のよさは、アニメで十二分に分かりやすく表現できたようでよかったなあ、と思いました。あとあやせの黒さもww

 終盤でやけに熱い展開になったのには意表を突かれました。こういうノリ、結構好きなんだよなあ、と思わずにやけました。男の生き様を見せてもらったと言っていいでしょう。

 ところで、原作とアニメの乖離の落とし所をどうするのか、二期が心配になってきました。 

URL | 紫電 #-

2011/02/14 18:54 * 編集 *

>紫電さん
確かに、ラノベというのは自由なのが売りですから、新たな表現をどんどん模索していって欲しいですね。
俺妹は、既存の概念を少しだけ壊した作品でありました。
まぁ、4巻まで来ると、ちょっと味付けの異なるラブコメって感じになってしまいましたけど。

地上波での放送は、桐乃のグッドエンドで終わっていましたね。
話数的な問題もありますし、大きく改変したものの、まぁ別に良かったかなと思っています。

もしかするとご存知かもしれませんが、俺妹アニメ第一期はまだ終わっていませんよ。
TV最終話にあたる12話でエロゲーのごとく分岐して、12話'~15話までのトゥルーエンドがネット公開されるらしいですから。
おそらくこれが原作ルートになるものだと思われます。
なので、二期を作るとしたら、この後に続く話になるんだと予想されますが、そもそも15話まで作ると原作のストックが足りなくなりそうなんで、しばらく二期はないんじゃないですかね。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2011/02/16 03:34 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/786-0031c84c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。