明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

友だちの作り方 

友だちの作り方 (HJ文庫)友だちの作り方 (HJ文庫)
(2009/10/01)
愛洲 かりみ

商品詳細を見る
読書期間:2009/11/15

【評価……B
発想 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
設定 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
物語 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
人物 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
文章 ★★★★★☆☆☆☆☆
 … 5
挿絵 ★★★★☆☆☆☆☆☆
 … 4
青春 ★★★★★★☆☆☆
 … 7
友情 ★★★★★★★★☆☆
 … 8

引っ込み思案でアガリ性の少女、椛には、生れてこの方友達がいない。
そんな椛は、学校の屋上にひとりたたずむ少女、柚木と出会う。
勇気を出して柚木と友達になる椛。
一緒にお弁当を食べたり……そんな幸せな日々がずっと続くかと思いきや、柚木は突然別れを告げ姿を消してしまう。
不器用でかわいい二人が織りなす友情の物語。

【感想】


友情をテーマに描いた青春物語。
第3回ノベルジャパン大賞特別賞受賞作。

極度の引っ込み思案により友達がいない少女・仁科椛が屋上で一人の女の子・柚木と出逢うところから始まります。

タイトルが直球なら、内容も見事なまでのストレート。
こういう友情モノには弱いなぁ。
ネガティブな少女が、友達の声によって成長していく様は、喜びさえ感じられますね。
前半と後半の対比も映えていて、読みやすい本でした。

良く言えば素朴、悪く言えば味気ない。
非常にシンプルで余分なものを削ぎ落とした印象のあるストーリーは、物語のテーマを明確に訴えかけてきます。
小説というのは、練り込まれた物語が全てというわけではないと教えてくれますね。

現実では、こうも上手くいかないというのは誰でも分かっていると思います。
実際、椛は恵まれた下地と幸運があったからこそ、友達を作っていくことができるわけですし。
しかし、友達作りの心構えとしては正論を説いていますね。

萌えを狙っていないイラストも、作風に合っていて良かったです。
ノスタルジックな雰囲気を残したところも素晴らしかった。
あとは身体のバランスに違和感なければバッチリでした。

素敵なお話でした。
あっさりと読めるところも含めて、ラノベを普段読まない人にもお勧めできる作品です。

学校の図書館に置いてあっても良さそうな友情物語

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  友だちの作り方  愛洲かりみ  もりちか  評価B 

△page top

« クロノ×セクス×コンプレックス①
ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第8話「5月13日~14日 ゆのクラブ」  »

この記事に対するコメント

 文末が『た』で終わることが多かったと感じました。もったいぶった表現をすべきところと、さらっと書いた方がいいところの使い分けとかも、少しずつ覚えていってほしいと思います。
 秋空翔さんは、文章自体がそれほど上手くない新人作家さんの作品でも、それほど苦にはされていないみたいですね。

 文字数、ページ数ともにお手頃なので、普段あまり本を読まない人に向いているのはたしかだと思います。

URL | 紫電 #hfCY9RgE

2010/04/09 20:12 * 編集 *

>紫電さん
ラノベ全般に言えることですが、回りくどい書き方が多いので、単調でも読みやすい本はたまにはありかなと思っています。
まぁ、この作者さんの場合、技量が足りていないのかもしれませんが、変な癖がついてしまっているよりかはいいんじゃないでしょうか。
好みで評価した本なので、合わなかったといわれるとどうしようもありませんが。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2010/04/10 03:06 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/760-037f03d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。