明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

『ONE PIECE』57巻 感想  

初版部数300万部の大台に乗ったワンピース57巻をGETしました。

遂に始まった海軍&王下七武海vs白ひげ海賊団&ルフィらインペルダウンの囚人達。
決戦に相応しい大迫力のバトルが拝めます。

すっげえ面白かった!

見どころ満載というか、見どころしかない状態。
こんなにワンピースをじっくりと時間をかけて読んだのは、初めてかもしれません。

大混戦の中、多くの登場人物達が各々の戦いに挑む姿が燃える。
久しぶりのキャラクターや、懐かしい因縁、新しい悪魔の実の使い手たちなどなど、息をつかせぬ展開の連続で興奮しました。

新旧含めた王下七武海の面々のキャラの立ち具合が半端じゃないですね。
クロコダイルのトリックスター的な動きが気になる。
ドフラミンゴの「手を組まないか?」発言が何を意味するのか。七武海の中でも一番読めない人間だしな。
バーソロミュー・くまの話も意味深で、どのように絡んでくるのやら。
きっと、Dr.ヘガパンクは終盤の重要人物となるんだろうなー。

七武海に加え海軍大将・中将たちにも引けを取らない白ひげ海賊団の隊長たちが凄い。
このクラスとなると、脇役なんて言ってられないレベルですね。
正直、ルフィより強いんじゃないだろうか。

初期の頃に登場したミホークやスモーカーなどが、ここで活躍するのは嬉しい。
相変わらずこの二人は反則的に強いね。

そして、ハンコック様、やはりあなたはお美しい(常套句)。
冷静に考えると酷い性格しているはずなのに、全てを許してしまう魅力があります。
もう本当にルフィと結婚しちゃえよw

麦わらの一味が、この戦いに参戦してくれると最高なんですが、扉絵の連載内容を見る限り無理そうですね。
まぁ、駆け付けてくれてもルフィでさえついていくのに精一杯の戦いでは、ゾロやサンジでも命が危ういでしょうね。

決着が読めない勝負というのは、ここまで心が躍らされるものなのか。
最後の最後で、とんでもない展開になっていて、次巻が待ちきれません。
黒ひげはまず間違いなく関わってくるだろうし、戦局が二転三転するこの状況はあと一体どれくらい続くんだろうか。
ああー、早く続きが読みたいなぁ。

ONE PIECE 巻57 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻57 (ジャンプコミックス)
(2010/03/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

テーマ: ONEPIECE

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ワンピース  尾田栄一郎 

△page top

« バカとテストと召喚獣 第9問「キスとバストとポニーテール」
電波女と青春男③ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/757-c8fa2140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。