明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

バカとテストと召喚獣 第7問「俺と翔子と如月グランドパーク」  

バカテス第7話の感想です。

ちょwwエンディングが凄いことになってるwww

BL路線まっしぐらから一転、ギャルゲー原作風のアニメEDに変わってました。
姫路、美波、翔子、愛子、秀吉(優子カワソス)、そしてババア……ってちょっとまて。
不意打ちによる視覚的攻撃はやめてくれ、心臓に悪いw

何気にアキちゃんまでいるし、本当にネタを仕込みたがるスタッフだなぁ。
所々、前EDと同じ構図のシーンがあって、見比べるとなかなか面白いですね。

さて、インパクトの強いEDに食われた感のある第7話の内容について。
うーん、良いところと悪いところが、はっきりと分かれた回でしたね。
雄二と翔子のラストシーンは、翔子が無駄に動きすぎなところを除けば凄く良かったんですが、そこに至るまでの流れがイマイチでした。
どうしても、あのウザいカップルが場に介入してくるんで、面白さが途切れ途切れになってしまうんですよねぇ。
ギャグのキレ味も言うほどではなかったし。
そんなわけでコメディ作品としては微妙でしたが、雄二の格好良さが半端じゃなかったので、まぁそれなりに満足しました。

そして、かつてないほど姫路さんが可愛かった。
常に遊園地のマスコットキャラの着ぐるみ着用で、ほとんど顔出しが無かったけど、棒読みの演技が可愛すぎてたまらなかったです。

ジョジョネタには不覚にも笑ってしまいましたが、パロネタはもう少し抑え気味でいいと思いますね。

テーマ: バカとテストと召喚獣

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: バカとテストと召喚獣 

△page top

« 映画『ゴールデンスランバー』感想
2009年下半期ライトノベルサイト杯結果発表 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/746-9ddf51b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バカとテストと召喚獣 第7問「俺と翔子と如月グランドパーク」

バカとテストと召喚獣の第7話を見ました。第7問 俺と翔子と如月グランドパーク雄二が目覚めると部屋には翔子がおり、携帯で不法侵入だと警察に電話するのだった。「雄二、これは何?」「な、何だ、それは。俺はそんな本は知らないぞ」翔子はエロ本を燃やし、更に明久から...

MAGI☆の日記

2010/02/19 08:30

バカとテストと召喚獣 第7話「俺と翔子と如月グランドパーク」

前回イベントの遊園地チケットは翔子ちゃんの手に♪ 有無を言わせず雄二と遊園地でえとですw 明久たちはどういう根回しで遊園地スタッフに潜り込んだんでしょうね。 みんな結構ノリノリで笑ったw 適材適所の配置だし(笑) 痛いバカップルはあんなに出番あるとは...

のらりんクロッキー

2010/02/19 10:08

(アニメ感想) バカとテストと召喚獣 第7話 「俺と翔子と如月グランドパーク」

バカとテストと召喚獣 第1巻 [Blu-ray]クチコミを見る 翔子は怖いわ。雄二への愛の深さ故、何をしでかすか分からないレベルで、そりゃ作品が違えばこれはもうホラーです。 *一週間のアニメを濃く熱く語るラジオ、毎週水曜日と金曜日の夜11時から放送の「ピッコロのら

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

2010/02/19 17:47

バカとテストと召喚獣 第7話「俺と翔子と如月グランドパーク」

バカとテストと召喚獣 第1巻 [Blu-ray]前回、プールで雄二に人工呼吸をする為に溺れさせようとした翔子さん、 今回はその雄二と遊園地デートです...

明善的な見方

2010/02/19 22:59

バカとテストと召喚獣 第7話「俺と翔子と如月グランドパーク」

如月グランドパークにようこそ! 雄二と翔子の招待チケットを見るビジョンの違いが(笑) なぜか明久と秀吉たちがスタッフにいるし(^^; ...

SERA@らくblog 3.0

2010/02/19 23:10

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。