明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

アクセル・ワールド3 ―夕闇の略奪者― 

アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)
(2009/10/10)
川原 礫

商品詳細を見る
読書期間:2009/10/10~2009/10/12

【評価……A-
発想 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
設定 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
物語 ★★★★★★★★★
 … 9
人物 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
文章 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
挿絵 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
SF ★★★★★★☆☆☆
 … 7
燃え ★★★★★★★★☆☆
 … 8

「ゲームオーバーです、有田先輩……いえ、シルバー・クロウ」
学内一の美少女・黒雪姫との出会いによって人生が一変した少年、ハルユキ。デブでいじめられっ子だった彼も、立派な≪騎士≫として成長していた。
季節は春。二年生となったハルユキたちの前に、奇妙な新入生が現れる。≪ブレイン・バースト≫のマッチングリストに現れず、しかし日常では≪ブレイン・バースト≫を巧みに使いこなす謎の一年生。
黒雪姫が修学旅行で不在の中、≪ダスク・テイカー≫と呼ばれる歪なデュエル・アバターを出現させた一年生は、圧倒的な力でハルユキから『大切なもの』を奪っていく。再び中学内格差最底辺に堕ちたハルユキ。絶体絶命の彼がその時とった行動とは……!!

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


≪加速世界≫と≪現実世界≫で交差する新展開から目が離せない、シリーズ第3弾。
春を迎え、ハルユキたちが進級し、妙な新入生が姿を見せるところから物語は動き出します。

うわああああ、何だこれ!
色々とやべえ、というか、面白い!


賛否両論の多い……いや、これまで絶賛されていた今作にとって、初めて酷評が止まらない状態といった方が正しいでしょうか。
amazonのレビューを参照しても分かる通り、評価が真っ二つに割れています。
その理由は、大きく分けて2つ。

1つ目は、終わり方があまりにもえげつない引きであること。
そもそもがストレスの溜まりやすい展開だった上に、酷いところでぶつ切りされているため、焦らされるのが苦手な人にとっては、かなりの苦痛となるのでしょう。
先が気になるとイライラするという人は、4巻が発売されるまで手を出さない方が無難でしょう。

ちなみに、個人的には、こんな生き殺しもリアルタイムで追いかける醍醐味の一つだと思っているので、アリだと思っています。
むしろ、強烈に引きつけてくれるのを望むぐらいですね。

2つ目の理由は、新たに導入されたシステムがゲームのバランスを大きく変えること。
ネタバレ防止のためにボカして書きますが、確かにこれはインフレの前触れと捉えられなくもありません。
程度がもう少し軽めだったら良かったのだろうけど、今後はこのシステムを前提にして戦うのが目に見えているため、批判が多くなっているんだろうなと思います。

でもこれまた、自分の意見を言わせてもらうならば、理論的な説明を足して本当にあり得そうだと思わせるこのシステム自体は、素晴らしいと思っています。
ガッチガチのルールで固めたゲームで争うのも悪くありませんが、この作品はミステリーではなく、青春系アクションバトルです。
奇跡やら気合やらがあってもいいじゃないかと思うんですよね。
問題は、いかに上手くこの設定を扱うかってことですが……まぁそこは、作者の腕に期待しましょう。

敵も味方もキャラクター全員魅力的で、物語を彩ります。
新キャラである能美征二の厭らしさや、再登場したアッシュ・ローラーの実直さなど、主役たちに負けない輝きを持っています。

ハルユキにとって、成長するための階段を一段ずつ登らせていく丁寧さには感服しますね。
少年漫画の王道を、まざまざと見せつけてくれるかのような直球のストーリーに燃えました。
前回と異なり、現実世界とのリンクも分かりやすい形で物語に組み込まれているのも高ポイントです。

あと、表紙の黒雪姫先輩の絵がイイっすね。
ここで力尽きたのか、挿絵はいくつか残念な出来がありましたけどw

とにかく、物凄く楽しんで読むことが出来ました。
どれだけ叩かれようが、大好きだと胸を張って言えます。
2月発売予定の4巻が楽しみです。

絶望的な状況の中で成長してゆくハルユキがカッコいい

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  アクセル・ワールド  川原礫  HIMA  評価A- 

△page top

« 『とらドラ!』3巻 感想 (電撃コミックス)
今日の一言 »

この記事に対するコメント

素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。

URL | 秋田の出会いにあきた #UzsS.eyA

2010/01/27 16:52 * 編集 *

コメントありがとうございます。
今後もマイペースに頑張りますので、宜しかったらお付き合い下さいませ。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2010/01/29 04:28 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/726-7bd92104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アクセル・ワールド3 ―夕闇の略奪者―

アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)(2009/10/10)川原 礫商品詳細を見る ~あらすじ~ 「ゲームオーバーです、有田先輩……いえ、シルバー・クロウ」 学内一の美少女・黒雪姫との出会いによ...

ゆらゆら気ままに

2012/02/07 22:43

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。