明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

バカとテストと召喚獣 第1問「バカとクラスと召喚戦争」 

今期一番の期待作アニメ「バカとテストと召喚獣」の第1話を観ました。
原作既読者による感想となっています。

いやー、遂にバカテスもアニメ化ですか。
原作第1巻を読んだときから、こうなることは予想は付いていましたが、あっという間でしたね。
それだけの魅力というか破壊力が備わっていた作品だったので、当然とも言えますね。

さて、肝心の内容はというと……ものすっごい微妙。

悪くはないんですよ?
悪くはないんですけど……面白さが非常に伝わりにくい。
この作品はバカバカしいやり取りが魅力なのに、その点においては半分も出ていません。
第1話ということもあって、どうしても説明に時間をかける必要性があるのは分かるんですがね。

はっきりいって、バカテス最大の弱点は、試験召喚獣システムの設定面の甘さです。
このシステムの非現実的要素だけ浮いている状態で、違和感が拭えません。
あまり細かいところまで追求すると、穴だらけになってしまいます。
原作では良くも悪くも説明不足で、ぼんやりとごまかしていますが、アニメでは1話分使って説明しています。
ここが、一番大きな差だったかなと思いますね。
そういう意味では、2話からが本番かもしれません。

それ以外の点においては、概ね良好。
作画に関しては、明久がちょっと可愛らしすぎることを除くと、ほぼ完璧だったんじゃないでしょうか。
動きも派手で、ゲーム画面になぞらえた試験召喚戦争も見栄えがよく、観ていて楽しかったです。
召喚シーンの作り込みも半端じゃなく、早くも優遇されている秀吉のターンには笑わせてもらいました。
あと、シャフト臭が凄い。
制作は別会社ですが、スタッフの中にメンバーがいるみたいで、独特の表現が前面に押し出されていました。

声は、明久以外の主要メンバーがドラマCDのキャストから変更されています。
個人的には、ドラマCDの面子の方が合っていた気がしますねぇ。
特に美波はハマリ役だったので、惜しかったなー。

ストーリーに関しては、いきなりアニメオリジナル展開。
Eクラスとの試召戦争で流れを見せるやり方は上手かった。
その直後にAクラスから宣戦布告されたのは、きっと顔見せのためなんだろうなぁ。

細かいところを挙げればツッコミどころは盛り沢山でしたが、出来はまずまずだと思います。
というか、原作ファンとしては、キャラが可愛くドタバタと走り回っている姿を見れただけでも、アニメ化された意味があると感じられますね。

でも、EDの腐向けサービスはやり過ぎかと思うw

テーマ: バカとテストと召喚獣

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: バカとテストと召喚獣 

△page top

« 電撃文庫2010年1月購入作品
初めて買った電撃文庫作品 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/710-e27eeee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バカとテストと召喚獣 第1問「バカとクラスと召喚戦争」

バカとテストと召喚獣の第1話を見ました。第1問 バカとクラスと召喚戦争成績によってクラスの設備がランク分けされる文月学園では、テストの点数で強くなる召喚獣で戦い、相手のクラスの設備を奪う試召戦争が行われる。バカの集まりFクラスの、バカの代名詞『観察処分者...

MAGI☆の日記

2010/01/08 12:10

バカとテストと召喚獣 第1話「バカとクラスと召喚戦争」

試験の成績で所属するクラスが決まる文月学園。 最低ランクのFクラスで学園生活を送ることになった顔ぶれは… 非常に設定が面白く、とても楽しく見ることが出来ました。 SD召喚獣かわええо(ж>▽<)y ☆ 管理人のツボに見事にハマりましたです♪ メインヒロイ...

のらりんクロッキー

2010/01/08 17:06

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。