明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

バカとテストと召喚獣2 

バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫 (い3-1-2))バカとテストと召喚獣 2 (ファミ通文庫 (い3-1-2))
(2007/04/28)
井上 堅二

商品詳細を見る

【評価……A-
舞台 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
物語 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
人物 ★★★★★★★★★
 … 9
文章 ★★★★★★★★★
 … 9
挿絵 ★★★★★★★★★
 … 9
オススメ度 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
バカ ★★★★★★★★☆☆
 … 8
ギャグ ★★★★★★★★☆☆
 … 8

いよいよ学園祭!文月学園ならではの試験召喚大会も催される。明久たちFクラスの面々は先の戦争に負けて以来「みかん箱」「ござ」という極貧の設備に甘んじてきた。そんな劣悪な環境と超頭の悪いクラスに絶望した瑞希の父親が、なんと娘に転校を勧めている――と明久は美波から打ち明けられる。憧れの瑞希の転校を断固阻止する為、明久は学園祭の出し物で資金を稼ぎ、人並みの設備を購入、さらに召喚大会での優勝を画策するが!?
えんため受賞作第2弾。

<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>

おバカさんシリーズ第2弾。
1巻に引き続き、バカっぷりを拝見できます。

相変わらず、面白すぎる。
今回は、ストーリーに比重を置いてるところがあり、ちょっとだけ真面目な展開があったりもします。
それでも、流れとしては1巻同様、バカ相手にバカなツッコミを入れる内容となってます。
ずっとニヤニヤしぱなっしでしたw

学園物では欠かせない学園祭が今回の舞台です。
1巻のころから指揮官として地位を確立していた雄二が、もう1人の主人公に見えてきました。
前巻ではラスボス役として出番の少なかった霧島翔子が暴走していて、雄二を引きたてています。
冷静な策士に見える雄二が、翔子の前ではかたなしですからねw
しかし、どうして雄二が翔子をそこまで遠ざけるのか理解できませんね。
まぁ、あれほど惚れられていたら怖いと思うのかもしれませんけどw

秀吉の可愛さはさらに磨きかかってますね。
メインヒロインの座は揺るがないね、うん。チャイナ服最高。
姫路はFクラスにかなり毒されてきてますね。
黒い娘になりつつあるのはいいけど、美波と被らないか心配。
まぁ、あのレベルのヤンデレに到達するにはもう少し時間かかるかな?w

バカテストも健在。
今回は、学園祭のアンケートという形で一問一答があって、そちらも面白い。

葉賀ユイさんのイラストは、この作品のコミカルな作風とピッタリ合いますね。
今回も堪能させていただきました。
特に翔子と秀吉がよかった。
それと、冒頭の漫画が面白すぎ。
ムッツリーニいい顔しすぎだろw

1巻と比べてしまうと、どうしてもインパクトは落ちてしまってますが、それでも十分面白いです。
1巻が面白いと思ったら、文句なし買い。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  バカとテストと召喚獣  井上堅二  葉賀ユイ  評価A- 

△page top

« バカとテストと召喚獣3
バカとテストと召喚獣 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/66-53990bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。