明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

「涼宮ハルヒの消失」映画化決定! 

かねてから噂されていました「涼宮ハルヒの消失」劇場版が正式に告知されました。
長門かわいいよ長門。

消失長門ver.

▼劇場版予告



2期の最後に特報という形で流れたそうです。
まだこちらでは最終話である28話が放送されていないので、ネット上で知りました。

まさかのエンドレスエイトのループもあって、2期放送にて「消失」の枠はないだろうということは随分前から分かっていました。
それ以来、「消失」は映画化されるのではないかという声が大きくなりましたね。
元々、2期放送前から「消失」の映画化は、ファンの間ではずっと囁かれていたものですから、驚いたというより、やっぱりなって感じです。

しかし、予想はしていましたが、実際にこの話を知ったときはテンション上がりましたねー。
遂に「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズ最高峰と名高いエピソードが映像化されるのかぁと思うと感慨深いです。

当初、「消失」は映画ではなくテレビで放送して欲しいなーと思っていました。
アニメは自宅でのんびりと観るのが好きなので、映画館で観るのはどうなんだろうなぁと。
でも考え方を変えれば、何も邪魔されずに大きなスクリーンで見るのもたまにはありかなと思うようになりました。

映画化が微妙だと思っていた2つ目の理由として、尺が足りるのかという心配もあります。
何分の作品になるのか次第ですが、2時間は欲しいですねぇー。
それ以下だと駆け足にならざるを得ず、作品を殺すことになってしまいますから。

そして最後の理由は、映画だとどこで締めるのかという問題が出てきてしまうところです。
ネタバレ防止のためにボカして書きますが、「消失」の物語は大きく分けて2つの完結方法があります。
エンディングはどちらを持ってくるのかが焦点になるわけです。
TVアニメであれば、一旦そこで区切るという手法が使えますが、映画ではそうもいきません。
果たして、どのように完結するのか、期待と不安が入り混じりますね。

エンドレスエイトで冷めてしまったファンも多いようですけど、個人的には非常に楽しみです。
来年の春が待ち遠しいなぁ。

テーマ: 涼宮ハルヒの憂鬱

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 涼宮ハルヒの憂鬱  涼宮ハルヒの消失  ニコニコ動画 

△page top

« 電撃文庫2009年10月購入作品+α
アクセル・ワールド2 ―紅の暴風姫― »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/639-ba587119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。