明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

バッカーノ!1934 娑婆編 Alice In Jails 

バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails (電撃文庫)バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails (電撃文庫)
(2006/12)
成田 良悟

商品詳細を見る
読書期間:2009/6/1~2009/6/11

【評価……B
設定 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
物語 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
人物 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
オススメ度 ★★★★★★☆☆☆
 … 7
期待感 ★★★★★★☆☆☆
 … 7

副社長と新人カメラマンは情報を得るためシカゴの街へ。
奇妙な集団はヒューイの命令で大事に備えて密かにシカゴの街へ。
破壊魔はルッソ・ファミリーに誘われ、ラッドの代わりにシカゴの街へ。
研究者は会社があるのでシカゴの街へ。
吸血鬼は友達のためにシカゴの街へ。

曲者達が刑務所にいる間、一方のシカゴでは全土を揺るがす大事件が巻き起ころうとしていた。三百箇所に仕掛けられた爆発物。同時に併発した二百人以上の失踪事件。すべてが繋がりを始める時、娑婆の空気を塗り替える者とは――!?

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


「バッカーノ!」シリーズ、1934年代の第2弾。
3巻構成の真ん中に当たる部分になりますが、位置づけとしては中巻ではなく上巻その2として捉えるのが正しいようです。

「獄中編」の裏で起きているもう一つの流れを取り上げられています。
そのため「獄中編」の伏線が解消されるわけではなく、むしろ新しい伏線を積み上げられるものとなっており、前回の続きが知りたい人にとってはヤキモキさせられます。
構成力については、今更疑いようもない腕をもった著者ですが、さすがにこんなにもネタを仕込んで、ちゃんと処理できるのかなと心配になりながら読んでいました。

評価としては、んー、まぁそこそこといったところかなぁ。
単品であれば落ち度はないのですが、シリーズを比較評価すると、ちょっと微妙だったかもしれませんね。

まず、このタイミングで新キャラが大量投入されるのは、正直かなり厳しかった。
登場人物がどんどん増えていくのは、いつものことといえばそうなんですが、「獄中編」が珍しく既存キャラ主体で話が進んだこともあって、急に読み辛くなった印象を受けました。
これが「獄中編」と「娑婆編」の順序が逆だったらもう少しマシだと感じられたんだけどなぁ。
「獄中編」で昂ったテンションを一旦リセットされてしまったのは、勿体なかったです。
どうしても、人物紹介でページを使わざるを得ませんからね。

まぁ、新キャラ自体は悪くはないです。
特に、グラハムリカルドがお気に入り。
個性の強いキャラばかりの今シリーズでも、埋もれずに済みそうです。
ラミアの面々は取っ付きにくい奴らばかりで困りましたが、その分クリストファーが頑張ってくれますし問題ないでしょう。
グラハムやリカルドと絡むクリスは、皮肉にも人間っぽくて面白かったです。

あと、DD社副社長・ギュスターヴと新人カメラマン・キャロルのコンビも見ていて楽しかった。
今後の活躍に期待したいですね。

ストーリーは、追い詰める側と追い詰められる側が予想とは反対で、意外性があって良かった。
展開の妙を見せるのが巧いなぁ。
完結編への期待が、いやがうえにも高まります。

読み終わるのに時間かかってますが、これは個人的事情のためであり今作とは関係性はありません。
とはいえ、「獄中編」と比べると、取っ付きにくさは多少あるのは否めませんけどね。

種蒔きの回で面白みに欠ける面もあるものの、開花を期待させるものはあります

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  バッカーノ!  成田良悟  エナミカツミ  評価B 

△page top

« バッカーノ!1934 完結編 Peter Pan In Chains
告白 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/628-7a11857f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。