明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

中京大中京 vs 日本文理 

たまたま休みだったので、第91回全国高校野球選手権大会・決勝戦をテレビ観戦してました。

素晴らしい試合でした!

一言では語りつくせない密度の濃い、もの凄い試合でした。
この試合が決勝戦で本当に良かった。
決勝戦で戦った両校に縁もゆかりもない自分ですが、それでもいつまでも記憶に残り続けることでしょう。

序盤から試合が動いて、一気にボルテージが上昇しました。
そつのない攻撃で綺麗に点を奪う両校のレベルの高さをまざまざと見せつけられましたね。

中盤は一転して、お互い守りに守りましたね。
ランナーを常に置く展開の中で、あと一本をよく凌ぎあった。
バント処理や堅実な守備が光りました。
特に、中京大中京のセンターが見せたスーパーキャッチは凄かった。
あんなの、プロでも滅多に見られるもんじゃないですよ。

6回裏の攻撃は、日本文理が見せた隙を逃さず、叩き込んだ中京大中京が見事でした。
ここで試合は完全に決まったと誰もが思ったでしょうね。

9回表の日本文理の粘りは、これからずっと語り継がれることになるだろうと確信できる程の内容でした。
野球は2アウトからとは、よく言ったもんですね。
9回2アウトランナーなしの状態から、最後まで諦めないで攻めた日本文理は格好良かった。
最後の打球も、強烈なサードライナーで、あと数センチ上か左右であれば抜けてましたね。
本当に紙一重という言葉がぴったりの、ギリギリの勝負だったと思います。

試合終了後、整列の時に負けた日本文理の球児たちがみんな笑顔だったのが印象的でした。
最後の粘りがなければ、悔しさばかりが残ったところでしょう。
彼らのすがすがしい顔を見て、本当に良い試合だったなと実感させられました。

中京大中京、優勝おめでとう!
そして、日本文理も準優勝おめでとう!
こんなに熱くなった高校野球は数年振りに見ました。
みんなお疲れ様、そしてありがとう。

テーマ: 高校野球

ジャンル: スポーツ

タグ: 高校野球 

△page top

« ドラクエ9プレイ日記Part7
電波女と青春男② »

この記事に対するコメント

最後までわからない

 例によって仕事で見られなかったわけですが……。スコアボードを見るだけでもすごい試合だったことが分かりますね。ネットのニュースは、記事だけじゃなくてもっとスコアボードを多用してほしいな、と思います。
 そして、秋空翔さんは、スコアボードを見ても分からない部分まで堪能されたようですね。途中でどれだけ点差がついても、観るのをやめなかった人だけが味わえる感動だったんだろうなあ、と思います。

URL | 紫電 #-

2009/08/25 07:28 * 編集 *

>紫電さん
野球に限らず、スポーツはリアルタイムで観た時の興奮が醍醐味だと思いますね。
東海勢が決勝まで進んでいるのなら見てみるかと軽い気持ちで見始めましたが、すごいラッキーでしたよ。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2009/08/26 03:49 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/597-3ca57c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。