明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

学校を出よう!⑤ NOT DEAD OR NOT ALIVE 

学校を出よう!〈5〉NOT DEAD OR NOT ALIVE (電撃文庫)学校を出よう!〈5〉NOT DEAD OR NOT ALIVE (電撃文庫)
(2004/09)
谷川 流

商品詳細を見る
読書期間:2009/5/3/~2009/5/5

【評価……B
設定 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
物語 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
人物 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
オススメ度 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6

以前、朝起きたらルームメイトが消えていた、という事件に巻き込まれた蒼ノ木類。事件も解決し、新しいルームメイトもでき、その相手ともようやく親しさを増し始めた彼女であったが、朝起きてみると“新”ルームメイトが二段ベッドの上から降りてこない。おっかなびっくり覗いてみれば、幸い消えてはいなかったが、どう見ても息をしていないようで……。
というわけで第三EMP学園にまたも事件です。
超能力スラップスティックコメディ第5弾!

【感想】<前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


超能力者の集う学園ストーリー、第5弾。
シリーズ初の続きモノとなっており、5巻だけでは話が完結していません。

ストーリーは、3巻で登場した蒼ノ木類が茉衣子に頼るところから始まります。
何の因果か、またしてもルームメイトがトラブルに巻き込まれた類。
しかし、以前の失踪事件と異なり、今度は何とベッドの中で死んでしまっているという……。
ただならぬ事態ではあるが、ここは何が起きてもおかしくない第三EMP学園。
果たして、一体今回の事件は何が原因なのか、というお話。

いつものようにカラーページは導入部を漫画で描かれています。
今回は、これがかなり優秀。
これまでは結局中身を少し読まないと理解できない内容だったのが、5巻では漫画を読むことで逆にスルスルっと物語に突入していけます。
1~4巻と違い、既存キャラ同士の会話だったので分かりやすかったんでしょうね。

主人公役である茉衣子と高崎が別々の視点から事件を切り拓いていく点は、3巻と非常に似てますね。
茉衣子&宮野コンビと、高崎&真琴コンビがそれぞれ勝手に動き回っている様が読んでいて楽しい。
相変わらず突っ走る宮野と、それに振り回される茉衣子はもはや定番芸って感じw

ストーリーそのものは正直微妙ではありますが、ロジックは素晴らしいですね。
フィクションでありながら無理の少ない設定にドップリとハマり込みます。
ハルヒもそうでしたが、谷川流さんの「世界の捉え方」は、共感できるし感心もさせられますね。
また、既存巻に仕込んでいた伏線を、上手く手札として有効活用しているのには好感持てます。

設定ありきの本となっているので、キャラの心情やドキドキハラハラするストーリー展開こそがラノベの醍醐味だと思っている人には受け付けられないかもしれません。
個人的には、ネタや発想で勝負する作品は好きなんで、気に入りましたね。
これは続きが気になります。

不可思議な現象をあくまで論理的に解釈しようとする宮野が格好良い

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  学校を出よう!  谷川流  蒼魚真青  評価B 

△page top

« 涼宮ハルヒの憂鬱 第18話「エンドレスエイト」
ドラクエ9プレイ日記Part4 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/582-ed240724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。