明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

会長の切り札 一芸クラブに勝機あり! 

会長の切り札  一芸クラブに勝機あり! (角川スニーカー文庫)会長の切り札 一芸クラブに勝機あり! (角川スニーカー文庫)
(2008/11/01)
鷹見 一幸

商品詳細を見る
読書期間:2009/3/15~2009/3/18

【評価……B-
設定 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
物語 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
人物 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
文章 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
挿絵 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
オススメ度 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6

楢山高校・生徒会長の朋絵は頭を悩ませていた。高校統廃合の新たな条例により、学校の存続が高校生同士の勝負によって決定されることになったのだ。
ところが、相手は文武両道の熱血男子高校、対する楢高はゆる~い校風の共学校。生徒たちのやる気はゼロ、諦めムードが漂う生徒会――しかしその時、切れ者副会長の光明だけは、役立たずの同好会に活路を見出していた!
これぞ現代版国盗絵巻、高校生たちの熱き合戦がここに火蓋を切る!!

【感想】


「でたまか」シリーズなどで有名な鷹見一幸さんの新シリーズ。
著者の本は、これが初めてとなります。

表紙買いでしたが、中身もそれなりに楽しめました。
やけに説明的なところは惜しいものの、興味深い舞台背景でした。

ここ数年進展を見せない町村合併の裏で、深く絡み合う高校統廃合の問題。
いつものように協議会では進展しない会議が行われていたが、とある女子高生の一言が波紋となり、町内問題は委ねられることに。
これといって取り柄のない楢山高校は、副生徒会長である所光明を筆頭に学校の存続をかけて策を練る……というお話です。

どたばたギャグ路線かと思いきや、意外にもまともな学園ドラマでした。
もちろんコミカル要素も盛り込んでありますが、ストーリー重視であくまで笑いの要素は控え目です。
主人公の光明が非常に優秀な軍師で、勝つための戦略もさることながら、周りを巻き込ませるテクニックには感心させられます。
次第に規模が大きくなっていく話に、ワクワクさせられました。

しかし、話の見せ方に少々問題があったように感じます。
光明があれやこれやと策を張るのはいいんですが、その多くが準備段階でネタバレになってしまう点は再考して欲しいところ。
当日の勝負は、ただ消化するだけの代物と化していて盛り上がりに欠けました。
せっかく頭の切れる主人公ですから、想定外の事象が起きた時の対応とかも見てみたかったですね。

あとキャラは粒は揃っていますが、ほとんど光明がおいしいところを奪っちゃってるんで出番が少ないのは悩ましい。
特にヒロインである会長の早乙女朋絵の存在感のなさは可哀想なぐらいです。
2巻では頑張ってくれると嬉しいですがね。

KeGさんのイラストは安定して素晴らしかったです。
気になってイラストレーターをググってみたら、ずっと前によくHPを見てた絵師さんで驚きました。
今でも時々新着イラストが来ていないかとHPを訪問していましたが、名前をすっかり失念していました。
同人作家さんという記憶だったけど、当時からプロのイラストレーターだったかなぁ?
うーむ、どちらにせよ感慨深い。
ラノベの挿絵もいいけど、この方の絵は1枚絵のカラーCGこそ力を発揮できる分野だと思いますね。

KeG氏のHP「YELLOW LIFE」
http://www009.upp.so-net.ne.jp/keg/

策士の生徒会副会長が学校存続のために頭を巡らせる話

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  会長の切り札  鷹見一幸  KeG  評価B- 

△page top

« これが実力の差ということか
おっさんホイホイ?望むところだ! »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/518-2e67ace6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top