明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

バッカーノ!2001 The Children Of Bottle 

バッカーノ!2001―The Children Of Bottle (電撃文庫)バッカーノ!2001―The Children Of Bottle (電撃文庫)
(2004/02)
成田 良悟

商品詳細を見る
読書期間:2009/2/1~2009/2/5

【評価……B
設定 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
物語 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
人物 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
文章 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
挿絵 ★★★★★★★☆☆☆
 … 7
オススメ度 ★★★★★★★★☆☆☆
 … 7

その不死者の名はエルマー・C・アルバトロス。“笑い”に異常な執着を持ち、ハッピーエンドの為なら手段を選ばない『笑顔中毒者』である。
三百年前に別れたその男を捜して北欧の森を訪れた4人の不死者たち。そこには古びた小さな村があった。突然現れた来訪者に敵意の眼差しを向ける村人たち、なぜか彼らに“悪魔”と恐れられているエルマー、そして不思議な少女――。
謎に満ちた村で繰り広げられる、『バッカーノ!』異色作!

【感想】


「バッカーノ!」シリーズ、5作目。
これまでの作品と比較すると、大人しい印象でしたね。

良く言えば、普通に面白かった。
悪く言えば、普通。
成田さんの色はほとんど出ておらず、平凡なストーリーとなっています。
しかし、特に物足りなさを感じることもなく、つまらないどころか楽しく読むことができました。

「バッカーノ!」シリーズの醍醐味といえば、多くの登場人物を盤上に配置して、交錯するたびに起こる化学反応を楽しむことという認識で間違いないと思います。
その点において、今作では驚くほど静かですね。
多少ミステリ調になっているものの、ほぼ一本道と言っていいんじゃないでしょうか。
奇をてらった構成ではなく、ストーリー重視の直球勝負となっていて、物語に集中できます。

舞台が1930年代から急に21世紀に飛びましたが、閉鎖的な村の話というこもあり現代的な要素はあまりないですね。
ネタバレになるので詳細は誤魔化しますけど、なるほど、こちらの方に話を広げてきましたか。
不死者を起点に新しい展開が始まっていて、なかなか興味深かったです。

前作までに培ってきた土台があること、そして今回蒔かれた種を回収してくれる信頼感があるからこそ、安心して読むことができたのだと思います。
きっと単独で読んでも、これは大して面白くないでしょうね。
おそらく先を読み進めるにつれて、評価が上がっていく作品となるんじゃないかなという予感がしています。

「バッカーノ!」シリーズとしては異色だが、一般的にはこれが普通の小説

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  バッカーノ!  成田良悟  エナミカツミ  評価B 

△page top

« まだ知らぬ楽曲に期待を寄せつつ
ぷっすま、存続の危機 »

この記事に対するコメント

バッカーノシリーズは僕も大好きですね。なんというかむちゃくちゃなのに結局歯車が合っているところに作者の力を感じますね。
どこまでお読みになっているのかわからないので具体的な話は避けますが、確かに2001はそこまでの話とは一線を隔してますよね。それまでの話と違ってクレアみたいなチートキャラがいないことでお話が安定してるのもあるかもしれませんがw
現在発刊されている巻に明確にかかっている伏線もありませんし、今後の物語にどう作用していくのかがワクワクしますね。

URL | 仁義 #Mm30Zaxo

2009/04/26 18:39 * 編集 *

>仁義さん
安定して面白いシリーズですよね。
たまには、こういう独立した外伝的な作品もありかなと思います。
ちなみに、読了済みでレビュー執筆中のものは、読書記録見れば分かります。

URL | 秋空翔 #-

2009/04/27 09:28 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/490-64f473f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。