明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

綺麗な文章に憧れる 

この話を誰かにすることはないと思っていました。
でも、せっかく黒依さんが小説を書いてみたいという意欲を抱いているようなので、僕の僅かばかりの経験を語ろうかと思います。

渡り鳥の誰にも話したことありませんでしたが、去年、僕も今回の黒依さんのように小説っぽいものを書いてました。
まぁ、動機はちょっと違うんですけどね。

僕は物語を作りたかったわけではないんです。
もっと魅力的な文章を書きたいと思って、その練習のために始めたものでした。

内容は、リアルの出来事を多少のフィクションを混ぜて、小説風に書く日記みたいなものです。
リアル事情を含んでいるので話題にしませんでしたし、今でも公表することはできません。
些細な日常を、物語にするのはなかなか苦労しましたよ。
日中も小説のネタになるかどうかを考えながら生活していたもんですw
一応、設定は破綻せずに書ききったつもりですが、登場人物の性格が序盤と終盤でかなり変わっちゃってましたねw

ファンタジー要素は一切排除した内容で、最終的に数ヶ月間書き続けて、完結まで至りました。
今確認したところ、テキストの容量が合計1MB超えているんで、なかなかなもんじゃないかなと思ってます。
書き終えたときの達成感は、結構ジーンとしましたね。
ただ、誰にも見せるわけにはいかない内容になっているのが、途中から悔しくなりましたw
もっとも、あくまで僕のリアルを舞台に構成されたお話ですので、ストーリーに関しては大して面白くありません!YATTA!

そして、こうして一つのヤマを乗り越えて思うこと。
あんまり自分の腕は変わってねえなぁ、とw
毎日文章書いていて、自分の文章に偏りがあることを再認識したことが一番の収穫でしょうか。
これは、喋り言葉でもそうだと思いますけど、どうしても同じ言葉や単語を使ってしまうんですよね。
それがその人の個性になるわけですが、僕は自分自身の文章を好きになれませんでした。

絵でも小説でも、それ以外の何にでも当てはまることだと思いますが、上達するためには量をこなさないといけないことは間違いありません。
けれども、実際、それで僕は自分の中では相当頑張ったつもりだったのですが、全くというわけじゃないんですけど、期待していたほどの実力アップには繋がりませんでした。
その理由を考え、一つの答えに辿り着きました。

それを一言で言うならば、勉強不足というやつです。
ここが絵と文章での大きな違いになるんじゃないかなと思うんですが、文章力を上げるためには、文章を読まないといけないんですよね。
小説や新聞などの活字から、ボキャブラリーと知識を蓄積していく必要があるんだということに、理解はしていても意識はしてなかったんじゃないかなと思います。
絵の練習なら、それこそ質より量という感じで、描きまくることで上達していくし、他人の絵を見なくても、レベルアップは可能です(もちろん、参考にした方が上達スピードは格段に早くなることは言うまでもありませんけどね)。
しかし、文章力を上げるためには、言葉や単語の意味を覚えなければ話になりません。
差し詰め、僕はパレットに絵の具の少ない状態で絵を描くように、小説を書いていたようなもんですね。
語彙が多ければ、同じような文体を回避できるようになったり、より的確な言葉を選べるようになったりするってことです。

だから、僕は最近ラノベ熱が再燃してます。
本棚を買って、収納できるスペースができたからという要因も大きいんですけどねw
色々なところから吸収していくことが大事なんだなと思い知りました。

とまぁ、役に立つようで立たない経験者のお話でしたとさ。

あ、量を書くことで伸ばせれた部分なら1つありました。
長文を書くことができるようになったことですね。
その反面、短文で読み手に伝えることが、いかに難しいかも気づかされましたね。
こうやって、だらだら文章を書き連ねるようになってしまったからなぁw
それ自体は悪いことじゃないんだろうけど、長いだけで中身が薄くならないように気をつけないとね。

テーマ: 雑記

ジャンル: 日記

△page top

« 絵描き仲間と言えるように頑張らねば
半世紀ぶりの日本一 »

この記事に対するコメント

文章力を養うには、たくさん書くだけでなく、たくさん読まないといけないというのはその通りです。
んで、そのためには、ラノベ以外も積極的に読まれることをお勧めします。
もちろんラノベを軽く見るつもりはありませんが、現状、玉石混淆、しかも石のほうが圧倒的に多い、というのが正直なところで……。
文章でも絵でも何でも、レベルの高いものに触れていかないと自分自身も高められないので、ジャンルにこだわらず、色々手を出してみるといいと思います。

……と、偉そうに語ってみました。たはー。

URL | 八神 #lhH3Dtmk

2007/11/09 08:12 * 編集 *

先輩方の話はとても参考になりますな!
書いて書いて書きまくることも大事だけど、やっぱ読むことも大事なんですね。
私は割りと雑食で、色々読んでるつもりですが、コレでも偏ってて、しかも足りないんでしょうねぇ。

無学な私は知ることから始めた方がいいのでしょうな。やはり。

ところで、八神さんのいくつか作品は読ませていただきましたが、翔さんのはどうすれば読めるんですかね?(・∀・)ニヤニヤ

URL | 黒依 緑人 #2qaJ23q.

2007/11/09 12:10 * 編集 *

言葉が間違っているとそこで読む気が失せてしまいますから語彙力って大事ですよねー・・・。
文章を組み立てるのはほんとに経験ですね。読む経験と書く経験の積み重ねだ。
私はどちらもないので文章はかけないのですよー・・・・・・orz

URL | PONTA #b4jxZAz.

2007/11/09 20:03 * 編集 *

>八神さん
ラノベレビューが、ほぼ電撃文庫だけとなってますが、意図はないんですよ。
ちゃんと他の文庫や、一般小説もチェックしているんです。
興味をそそられるのが、どれもこれも電撃文庫なだけなんですw
もちろん勉強をするのであれば、この程度では全然足りないのは分かっていますが、他にもやりたいことはいくらでもありますから、まぁ自分の中ではこんなもんでいいかなと。

>黒依さん
黒依さんは僕より読んでいるはずですから、大丈夫でしょw
書くことと読むことは別次元の話ですがね。
僕としては、何でもいいから書き始めてみるのをお勧めしますね。
そうすれば、自分に足りないものや方向性が見えてきますから。
後でいくらでも修正できますしね。

>PONTAさん
PONTAさんもテンションがた落ちしてしまうタイプでしたか。
八神さんは常日頃言ってますけどw
僕は、相当酷い間違いでもなければ、読んでいる間は気にしない方ですね。
読み終わった後、内心でツッコミを入れてますw

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2007/11/10 03:01 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/48-2342d913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。