明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

「とらドラ10!」簡易感想 

フラゲした「とらドラ10!」を読み終えました。
詳細はまた後日書き連ねるけど、他の本の順番待ちになるので、とりあえず簡単な感想。

うーーーん、何とも言い難い。
感慨深いという意味ではなく、評価しにくいという意味で。

世間的には大絶賛みたいですね。
否定的意見は皆無と言っていいでしょう。
しかし、個人的には良かった思ったところと悪かった思ったところがあって、全体的な感想が書きづらいんです。

結末には何の不満もありません。
竜児たちの到着点は、悩み抜いて決断したからこその価値があると思います。
少々甘すぎる考えだと思わなくもないですが、それは竜児も自覚しているので、きっと今後は大丈夫だろうと思うことができます。

親との対立、進路の問題が急浮上してきて、本来のラブストーリーとどっちつかずになってしまった印象でした。
いや、中身は物凄く濃いんですけどね……w
どちらも満足するほど描写する前に紙幅が尽きたのか、それとも締め切りが来てしまったのか。
特に大河の親関連の話は、消化不良の感が否めませんね。

また、亜美の不遇っぷりに泣けます。
もうちょっと見せ場らしい見せ場があって欲しかった……。
そりゃあ、竜児の物語ですので軸がブレてしまうのは理解できるんですがねぇ。

良かったところは、なにはともあれハッピーエンドで終わったところですね。
やっぱりラブコメ作品としては、こうでなくっちゃね。

もっといっぱい書きたいことがあるけど、それはまた通常の感想を書く時にします。


とらドラ10! (10) (電撃文庫)とらドラ10! (10) (電撃文庫)
(2009/03/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: とらドラ! 

△page top

« とらドラ! 第22話「君のいる景色」
モーフィアスの教室3 パンタソスの刃 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/446-36dee238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。