明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

バカとテストと召喚獣5 

バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫)
(2008/11/29)
井上 堅二

商品詳細を見る

【評価……A-
舞台 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
物語 ★★★★★★☆☆☆☆
 … 6
人物 ★★★★★★★★★
 … 9
文章 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
挿絵 ★★★★★★★★★
 … 9
オススメ度 ★★★★★★★★☆☆
 … 8
バカ ★★★★★★★★
 … 9
ギャグ ★★★★★★★★☆☆
 … 8
ラブコメ ★★★★★★★★
 … 9

気ままに一人暮らしを満喫する明久の元に突如!母親からの最凶の資格がやってきた!!
アキくん大好きな彼女の出現により、怠惰で自由な毎日は一変、恐怖の減点法監視生活へ!
家族愛地獄から逃れるため、そして補修ナシの夏休みを迎えるため、期末試験で好成績を狙うしかない!
こんなときこそ頼むよ、元・神童!
「家族、か……お前も大変だな……」(by Mr.たすてけ)
というわけで、みんなのおうちで勉強会!禁忌の愛が吹き荒れる第5巻登場!

【感想】 <前巻までのネタバレがありますので、ご注意ください>


あまりにもバカが自然となってきていて違和感を覚えなくなってきた、バカテス第5巻。
良い意味でいつも通りバカやってます。

まさに期待通り。
やっぱりバカテスは面白い!

お手軽に、しかし夢中で読んでしまうため、読み終わった後は時間が飛んでいるような感覚があります。
発売と同時に読みふけり、そして感想を改めて書くため目を通そうとしていたら、最初から最後までキッチリと読み通してしまってました。
短期間で二度読んでも笑ってしまう破壊力は恐るべし。
さすが外では読んではいけないラノベシリーズです。

今回は各キャラクターの家族の話。
学園を離れ、新たな視点から綴られるバカテスワールドが新鮮。
この家庭環境で育ったなら、バカになってしまうのも仕方ないなと思わせられました。

4巻では美波に絞ったラブコメでしたが、今回は全体的に恋愛感情の動きが多かったですね。
相変わらず明久は男女問わずモテモテで、そのことに全く気付こうとしない鈍感っぷりが面白い。
明久が、誰とでもカップリングの組める状況になりつつあるのが怖いw
健全な友達付き合いができているのは、ムッツリーニと翔子ぐらいしかいないんじゃなかろうか。

表紙に描かれている明久の姉・が初登場。
初っ端のイラスト付き登場シーンで吹きましたw
ブラコン臭出しまくりなのに、明久に対しての愛情表現が陰湿な苛めばかり。
姉属性持ちの自分でも、この姉を友人に紹介したくない明久の気持ちが凄くよく分かります。
明久のねじ曲がった常識や総受け体質は、玲に育成されたものだったんだろうなということが窺えます。

瑞希・美波・秀吉のヒロインたちに平等に出番があったのが嬉しかった。
今のところ、美波が一歩リードしているように見えますね。
鈍感な明久が美波を女の子として意識しているところは、もどかしくなっちゃいますな。
ああ、青春してるなぁ、とw
お似合いなのは瑞希の方だと思うんですけどね。
天然度が増していて、明久とのボケボケのやり取りが微笑ましいのなんの。

葉賀ユイさんの絵は毎度のことながら素晴らしい。
女の子や秀吉が可愛すぎて困ります。
これほどまで文章とマッチしている絵は、ラノベ全体で見てもそうはないですよ。
まぁ、一番衝撃的だったのはカラーイラストの雄二の姿だったんですがねw

物語上、召喚バトルがほぼなかったこともあって盛り上がりに欠けたところがありました。
オチの付け方も無難というか普通というか、物足りなく感じられましたね。
ぶっちゃけていえば、消化不良です。
そんな単調なストーリーでも、バカ成分が補っていたので非常に楽しかったです。
気になる終わり方をしているので、早く続きが読みたいですね。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 書評  バカとテストと召喚獣  井上堅二  葉賀ユイ  評価A- 

△page top

« とらドラ! 第20話「ずっと、このまま」
VCで遊ぶ「スーパーマリオブラザーズ2」 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/432-97918b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。