明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

2008年下半期ライトノベルサイト杯結果発表 

この間投票させてもらった2008年下半期ライトノベルサイト杯の結果が出ています。
動画版のランキング形式の結果発表はこちら↓



集計お疲れ様でした。
そして、参加させて頂きありがとうございました。

■2008年下半期ラノサイ杯結果ページ(新規作品部門)

第1位は『AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』でした。
2位に10票差以上をつけ、ぶっちぎりの人気となりました。
まぁ、結果を見るまでもなくこうなるだろうなとは思っていましたよ。

続いて『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『境界線上のホライゾン1』がTOP3にランクイン。
あまりにも順当過ぎますね。

注目の4位には『ラノベ部』が選ばれました。
こんなにも評判のいい作品だったんですねぇー。
個人的な好みとして、パンチラしている女の子が表紙の作品は、あまり手に取りたいと思わなかったりします。
でも、こんなに多くの人がお勧めしているんですから、中身はきっと面白いんでしょうね。

5位には『プリンセス・ビター・マイ・スウィート』。
期間中に2作品が発刊されていて、こちらは2巻の方のタイトル名ですね。
第1巻の『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』は既に感想でも書いたように、好き嫌いの差が激しく出そうな作品だと思うので、5位という順位に関して特に不思議だとは思いません。
どうやら1巻は微妙でも2巻は楽しめたという人もいるようなので、1巻で引っかかる部分を感じた僕でも面白く読める可能性はありそうです。

自分が投票した『MA棋してる!』に8票入っていたのは嬉しかったです。
マイナーな作品なので、ちゃんと次が出るか心配でしたが、この位置なら安心しても大丈夫そう……かな?

■2008年下半期ラノサイ杯結果ページ(既存作品部門)

既存巻部門はデッドヒートの末、『さよならピアノソナタ』がその栄冠に輝きました。
完結編の4巻が発売された直後は、どこでも絶賛の嵐でしたよねぇ。
批判的な意見を全く見ませんでしたし。
2巻にて、主人公の鈍感ぶりに腹を立てていた僕にとっては複雑な心境ですw
結局、最後まで鈍感なところは変わらないらしいからなぁ……続きを読むかどうか悩みます。

惜しくも2位となったのは、「このライトノベルがすごい!2009」で1位となった『文学少女』シリーズ。
投票こそ見送りましたが、これには納得。

3位以下も見慣れた作品が並んでますね。
“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店4』は7票で、見事に中堅。
BLACK BLOOD BROTHERS s6-ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集-』は残念ながら、たったの3票でした。
次回の期間中にはきっと本編が発売されているでしょうから、そこでの巻き返しに期待です。


■総評

半年前の上半期の結果は、まだまだラノベの作品に疎かったことあり知らない本が多くて見ているだけで面白かったんですが、今回はほぼ予想通りだったので意外性を感じられずランキング自体にはあまり興味が持てませんでした。
それよりも、自分が好きな作品を取り上げている方が、自分の知らない作品を投票していると、ちょっと読みたくなってきますね。

今回もまた、興味を持った本をいくつかピックアップしてみたいと思います。



▼ 『迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル?

迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? (GA文庫)
(2008/11/15)
林 亮介

商品詳細を見る

新規部門7位(19票)。
発売当時、ラノベサイト各所でレビューをしている人を見かけましたが、タイトルと表紙が好みから外れていたのでまともに読んでいませんでした。
あらすじを読んでみたら、なかなか面白そう。要チェック。



▼ 『ゼペットの娘たち
ゼペットの娘たち (電撃文庫)ゼペットの娘たち (電撃文庫)
(2008/07/10)
三木 遊泳

商品詳細を見る

イラストが良さげで気になっていた作品。
見た目の印象通り、ほのぼのコメディが売りなようです。
ただ、あまり書店で見かけたことがないので、探すのが大変かもしれませんね。



▼ 『ANGEL+DIVE〈1〉STARFAKE
ANGEL+DIVE〈1〉STARFAKE (一迅社文庫)ANGEL+DIVE〈1〉STARFAKE (一迅社文庫)
(2008/05/20)
十文字 青

商品詳細を見る

昨年、創刊となった一迅社文庫から。
自分にとって評価が信頼できるライトノベルサイトの方たちが軒並み投票しているので、凄く気になります。
最近コメディ作品ばかり読んでいるので、シリアス分を補給したい。



▼ 『アンゲルゼ―永遠の君に誓う
アンゲルゼ―永遠の君に誓う (コバルト文庫)アンゲルゼ―永遠の君に誓う (コバルト文庫)
(2008/11/28)
須賀 しのぶ

商品詳細を見る

これまた自分には馴染みのないレーベルである、コバルト文庫より一冊。
前々から他所よりの影響で気にはなっていたんですが、男性でも楽しんでいる人が多くいるようなのでチェック項目入り。
全4冊というのもお手頃ですね。



他にも気になった本はいくつかありますが、それらは既にチェックリストに入れているものがほとんどですね。
それにこれ以上買いこんでいると、自分のキャパシティを超えてしまうのは目に見えます。
お金も時間も有限ですから、読む本は出来るだけ事前に選定しなきゃいけませんよね。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベルサイト杯  ニコニコ動画 

△page top

« とらドラ! 第18話「もみの木の下で」
“文学少女”と繋がれた愚者 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/419-9a0d01ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。