明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

とらドラ! 第9話「海にいこうと君は」 

何とかニコニコで見ることができました。
まぁ、いつも自分で録画したものを観てからもう一度ニコニコで見直しているんでうpされているだろうなとは思ってました。

さて、感想ですが……。
うぅむ、不安が的中してしまった。

なんでこう、せっかくの素材をつまみ食いするんだろうか。
どれだけ美味しい具材でも料理人次第で変わってしまうのがアニメなんですよね。
漫画でもゲームでもラノベでも、好きな作品はアニメ化して欲しくないという声があるのには頷かざるを得ませんね。

原作が小説の場合、文章量が多いため会話が急ぎ気味になるのは理由としては分かるんですけど、だからといって許せるというものでもありません。
重要なシーンはもっと時間を割いて欲しいです。お願いだから。

今回は、竜児とみのりんの幽霊話が最重要シーンだったと思いますが、あっさりと通り過ぎてしまいました。
頭の回転が早い人でないと、アニメだけであのテンポが良すぎる会話の意図は読めないのではないでしょうか。
コメディなら勢いで何とでも誤魔化せますが、シリアス面はそうもいきません。
イイところもあるのに、雑に見えてしまうのが惜しい。

ひたすら否定的なことばかり書いてしまってますね。
自分が好きなエピソードだったため、きっと無意識的にハードルを高めに設置していたんでしょう。
亜美が登場した5話から結構いい出来が続いていたので、残念でした。

商業的には成功しているので、アニメ化は成功しているとは思うんですがねー。
アニメが面白い!と感じる人には、原作の方も強く勧めますよ。

テーマ: とらドラ!

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: とらドラ! 

△page top

« 「バカとテストと召喚獣5」簡易感想
寝る直前に思い出した時には手遅れでした »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/355-a09d5b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とらドラ! 第9話「海にいこうと君は」

博士「高校生・旅行での暴走www」 助手「確かにwww」

電撃JAP

2008/12/14 00:18

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。