明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

とらドラ! 第8話「だれのため」 

原作ファン視点から語る、とらドラ!8話です。

大河vs亜美の直接対決の回です。
原作3巻後編にあたる部分ですね。

今回一番期待していたのは、水泳対決なのにバトルシーン(ポロリもあるよ!)でした。
大河が亜美に対して取った行動には原作でも吹いてるのに、アニメでも噴き出してしまいました。
スタート直前に「毛」という一語で亜美の不意を突き、その隙に持っていた浮き輪を投げ飛ばしてプールに落とし、さらに水中で水着の上を奪い取って投げ飛ばす大河は、まさに外道。
恐るべし手乗りタイガー。
ここだけでも8話は見る価値ありですね。

今回の最も盛り上がるべき「竜児は私のだー!」発言は、それだけ切り取れば良かったと思う。
……が、その前のシーンが台無しにしてる。
プールの中に入っているのが泳いでいる大河と亜美以外では竜児だけという状況からして既に目立っているのに、そこに飛び込んだ男子生徒が竜児と激突したことに気付かないわけがない。
しかも直後に大河が叫んでみんなが竜児が溺れていることに気付いている。

何故竜児が溺れる羽目になったのか。
何故それを大河だけが助けに行くことになったのか。

ここの構成はどう考えても失敗だと思うなぁ。
亜美の水着の争奪戦のため多くの生徒がプールに入っていて、そこから無茶苦茶な揉み合いに発展していたところで衝突した……という原作の流れでも結構無理があるというのに。
これでは、わざわざ改変した意図が分かりません。

ボケボケかと思いきや硬派なみのりんや、人を小馬鹿にした態度の亜美など、キャラの味付けは上手に出ているおかげでアニメからのファンも増えていますが、脚本はもう少し丁寧に描いて欲しいですね。
今回の8話を神回だと言っている人もいるみたいですけど、「とらドラ!」はもっと上を目指せると思います。

次の9話は原作4巻の内容となりますが、個人的にはこの夏休みのエピソードで「とらドラ!」の本当の魅力を知ったので、期待したいところなんですが……不安の方が大きいなぁ。

テーマ: とらドラ!

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: とらドラ! 

△page top

« このライトノベルがすごい!2009を買ってきた
なみへい »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/348-ab5b4fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。