明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

とらドラ! 第7話「プールびらき」 

はい、第7話も視聴完了。

この頃、素直に面白いと思えるようになってきました。
アニメのクオリティが上がっているのか、それとも個人的に割り切ってしまっただけなのか微妙なところですが。

今回はサブタイトル通り、水着の回ですね。
季節感は全くないですが、そんなことを気にしていたらアニメなんて見れませんので問題なし。

前回の終わりから今回の冒頭にかけて、だいぶ端折られてるのが気になりました。
せっかくのインコちゃんネタだったのに、かるーいギャグで終わってしまった。
あの無駄に重苦しい雰囲気をやって欲しかったのにっ。
しかもインコちゃんが倒れるところまでは見せておいて、その後の安否について触れないのもどうかと思うw

あと、黒乳首ネタもスルーされていて残念。
削るにはあまりに惜しいと思うのに、テレビ的にアウトだったんだろうか。

まぁ、それらを除けば、概ね楽しかったですね。
亜美ちゃんの悪女っぷりや、みのりんの熱血天然っぷりを見ているだけで面白い。
大河は一人だけ作画を意図的に崩されているのが、あざといくらい可愛い。
この女性陣のカラーの違いは派手でアニメ的に映えていて大変よろしいね。

一方の竜児は、もうこの頃には完全にお母さんを演じていますね。
純情さをもっと前面に押し出して欲しいなと思うけど、アニメの媒体では内面を描きにくいから仕方ないかな。

それから忘れてならないのが、我らが独身(まだ29)に出番が!
ここまでアニメでは存在が薄かったから、心配していたんですよ。
ってか、ゆりちゃん先生の声、田中理恵さんだったんですね。
今頃気づきましたw
いつかクレジットでの名前が「恋ヶ窪ゆり」から「独身(30)」になると信じてますよ、アニメスタッフ!

さぁて、来週は動きが見えるアニメだと面白そうな回だから、楽しみですね。

テーマ: とらドラ!

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: とらドラ! 

△page top

« まさかの中村紀洋FA宣言
渚フォルテッシモ2 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/342-ed2f25ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) とらドラ! 第7話 「プールびらき」

とらドラ! Scene1(初回限定版) プールびらきを明日に控えた竜児たちは、水着を買いに駅ビルへやって来た。試着で華麗な水着姿を披露する亜美とは対照的に、水着なんかいらないと駄々をこねる大河。試着室に入ったものの、彼女はたくさんの水着に埋もれながら、自分に合...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

2008/11/14 22:56

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。