明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

とらドラ! 第6話「ほんとの自分」 

亜美登場編の後半となります。
原作では2巻が終わったところですね。

ちょっとあっさりしすぎで説明不足なところは相変わらずだけど、面白かったです。

亜美が転校してきた理由が判明し、仮面を被る理由が少しだけ垣間見ることができる今回。
前回の第5話以上に亜美と竜児が接近する様子が見られます。

ウザ可愛いという言葉がこれ程までに似合うのは亜美ちゃんぐらいなもんでしょう。
作っている顔と素の顔のギャップがムカつくんだけど、等身大の女の子らしくて素敵。
内面が段階を踏んで描かれているわけではないので、どれが本当の亜美なのか分かりづらくなっているのが、少し勿体なかったかな。
5話の引きでお菓子を買いだめしていたところから、今回の冒頭で亜美の腹の肉を掴むシーンに飛ぶのはまだいいとしても、その後にもう少し説明が欲しかったですね。

その代わりといってはなんですが、ラストシーンの亜美たんの作画気合い入りまくりでしたねw
何だあのエロスはw
こういう描写はアニメならではですね。

竜児はもっとみのりんに対して挙動不審でいいと思うなー。
何か普通に接してしまっている気がする。
大河は北村のことをモロに意識しているけど、竜児もあれくらいでちょうどいいね。

しかしながら、このハイペースな進行速度は、いよいよもって原作のどこまでアニメでやるのか分からなくなってきました。
2クールとすると、大体これで1/4消化したころになりますが、このペースで単純計算したら8巻までってことになります。
思いっきり佳境でぶつ切りってことになってしまうから、途中からアニメオリジナル展開に入っていくのかなぁ。
それなら、下手なことをせず2期に続くって終わりにした方がまだいいですね。

テーマ: とらドラ!

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: とらドラ! 

△page top

« “文学少女”と死にたがりの道化
電撃文庫からのお年玉 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/336-21849c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。