明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

電撃文庫からのお年玉 

来年1月の電撃文庫の発刊ラインナップが凄い件について。


▼『とらドラ・スピンオフ2! 虎、肥ゆる秋
著/竹宮ゆゆこ 絵/ヤス

本編がクライマックスに入っている中で、短編第2弾が先に発売。
電撃MAGAZINEで連載されていたものが掲載するんでしょうね。
春田の話とかあるらしいけど、やっぱり脇役がメインになる話ばかりかな。
主要メンバーの日常系話とか読んでみたいなぁ。


▼『バッカーノ!1931 臨時急行編 Another Junk Railroad
著/成田良悟 絵/エナミカツミ

「バッカーノ!」最新作もきたー……ってあれ?1931年?
サブタイトルを見る限り、またレイルトレーサーの話なんですね。
同じ列車の話なのか、それとも別の列車の話なのか。
まだ全部読み切ってないけど、既刊を見ると1930年代は年代通りに進んでいたみたいなんで、初めてこの年代では巻き戻ってのお話になるようですね。


▼『“不思議"取り扱います 付喪堂骨董店5
著/御堂彰彦 絵/タケシマサトシ

付喪堂骨董店5巻ktkr!!
まさかこんなに早く(といっても4巻から半年空く計算になるんだけど)5巻が発売されるとは思ってなかったよ。
今の電撃文庫で「とらドラ!」と1,2を争うほど新刊が待ち遠しかった作品なので、滅茶苦茶嬉しいです。
1月のラインナップの中では一番楽しみだけど、先に読むか後に回すか悩むぜw


▼『電波女と青春男
著/入間人間 絵/ブリキ

入間人間先生の新作。
……って、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」はどうした!?
物議を呼んだあとがきは、もしや本当にみーまー最終回だったってこと?
少なくとも電撃MAGAZINEで連載した短編はいつか文庫化されるだろうけど……本編も続きを出して下さいお願いします。


▼『静野さんとこの蒼緋(ふたご)
著/水鏡希人 絵/夕仁

「君のための物語」から約1年。
とうとう作家デビュー後に描いた新作が来ましたか。
今度も心洗われるような綺麗な物語だといいなぁ。
これでまた面白かったら、これからは文句なしに作家買いできるようになりますね。


▼『空ろの箱と零のマリア
著/御影瑛路 絵/415

1月発売予定の中で、これが一番驚きました。
まさかまさか、まだこの作家さん書き続けていたとは。
「神栖麗奈は此処に散る」から3年の月日を越えて如何様に変化しているか、見ものですね。
今回は初めてイラストも付くみたいで、全く想像できませんが、評判悪かろうが絶対に買います。


新刊で発売日に欲しいものなんて月に1,2冊あればいい方なのに、電撃だけで6冊とか。
何これ、新年のお祝いですか。おめでとうございます、ありがとうございます。
幅広く手を出している人ならともかく、僕なんて特定の作家しか読んでいないのになー。
うわぁー、これは来年が楽しみだ。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: 購入リスト 

△page top

« とらドラ! 第6話「ほんとの自分」
本当のお楽しみはこれから »

この記事に対するコメント

これまた気になる作品が多いですねぇ。
バッカーノは当然買うとして、水鏡希人先生の新作というのは期待大ですね。
前作は非常に面白かったですよね(´∀`)
入間人間先生の新作はみーまーではないのか……。
アレで終わりというのもちょっと考え辛いですし、
その内続きが出ることを待ちましょうw

URL | 黒依 #2qaJ23q.

2008/11/07 13:14 * 編集 *

>黒依さん
他のレーベルも読むようになったとはいえ、今でも電撃が一番読む本が多いです。
入間人間さんと水鏡希人さんは既刊の印象が強いので、新作でどのように仕上げてくるか楽しみですね。
みーまーは、あの作品だからこそ、あれでおしまいという可能性もあるからなぁ。
まぁ、部数は出ているはずだから、出版社としても続きが出せるようであれば出したいはずでしょう、ってことで待ち続けたいと思います。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2008/11/08 02:33 * 編集 *

御影瑛路さんの復活

 神栖麗奈とともに散っていったかと思っていましたが、まだ書き続けられてたんですねえ。 僕がライトノベルに出会ってから、まだわりと日が浅かった頃にこの人の作品を読んだので、僕にとってはだいぶ刺激が強かったです。 ラノベの読書量があの頃の4分の1以下に減ってしまった現況では、当然読みませんが、レビューを楽しみに待っています。

 そして、付喪堂骨董店の5巻。楽しみですねえ。つつがなく読めるように、態勢を整えておきたいです。

URL | 紫電 #6PAIDQmo

2008/11/10 21:31 * 編集 *

>紫電さん
御影さんの本はライトノベルなのに子供に薦めたくない本ですからねー。
まぁ、そういった人間の闇を描いているところが好みだという輩もいるわけですが。こことかw
付喪堂骨董店も割とそういう面がありますけど、まだ意識して抑えられている分、読みやすいんですよね。
まだ2カ月近くも先の話ではあるんですが、楽しみですね。

URL | 秋空翔 #3huMpp/w

2008/11/11 02:04 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/335-07229392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。