明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

このライトノベルがすごい!2009に投票しました 

ライトノベルBESTランキング ウェブアンケート

本日で締め切りとなる「このライトノベルがすごい!2009」に投票してきました。
悩みに悩んで、なかなか絞り切れませんでした。
おかげで、寝不足だ……。

さて、自分の投票結果です。


▼好きな作品・シリーズ

1位 BLACK BLOOD BROTHERS
2位 バカとテストと召喚獣
3位 とらドラ!
4位 “不思議”取り扱います 付喪堂骨董店
5位 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん


1位と2位は鉄板。
位置も順序もこれ以外考えられません。
3位には、普及して欲しいがために「付喪堂骨董店」を入れようかとも思いましたが、最新刊を読んだばかりの「とらドラ!」熱がまだまだ持続しているので純粋に好きな順番にしました。
ここまでは順当で、問題は5位。
漏れた作品としては「渚フォルテッシモ」「君のための物語」「ベン・トー」「生徒会の一存」辺り。
この中から「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」を選んだ理由は、発売日を意識して買いにいってすぐに読み始めるのがこの作品しかなかったからです。


▼好きな女性キャラクター

1位 舞野咲 (“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店)
2位 麻生渚 (渚フォルテッシモ)
3位 川嶋亜美 (とらドラ!)


一番悩まされた部門。
上記3人とほぼ同列で、櫛枝実乃梨(とらドラ!)、伏見柚々(嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん)がいます。
順序もさることながら、3人に絞ることも全然できませんでした。
正直、今でもこの投票で良かったのかと迷うくらいです。
今回はライトノベルの中に出てくるキャラクターとして好みであるキャラを選出しました。
もし、女の子として好きなキャラを選べと言われたら、おそらくみのりんが1位になりますね。
ゆずゆずもTOP3に入ってくることは間違いないでしょう。
逆に、渚や亜美は遠くから見ていて楽しいキャラだと思うんですよね。
咲は、どちらの観点から見ても好感度が高いので、1位となりました。


▼好きな男性キャラクター

1位 ゼルマン・クロック (BLACK BLOOD BROTHERS)
2位 陣内ショウゴ (BLACK BLOOD BROTHERS)
3位 木下秀吉 (バカとテストと召喚獣)


女性キャラとは真逆で、すぐに決まりました。
BBBの2人がワンツーフィニッシュを決めましたが、どちらが上でもいいくらいです。
3位にはバカテスの秀吉。
1位を超えて殿堂入りでもいいんじゃないかとさえ思うある意味で最高峰の存在。
男部門に投票するのが心底間違いであるかのような錯覚を受けますw
次点は、同じくバカテスからのバカ代表・吉井明久。
コメディ作品で、こんなに主人公が好きな作品は他にはないですね。


▼好きなイラストレーター(敬称略)

1位 タケシマサトシ (“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店)
2位 葉賀ユイ (バカとテストと召喚獣)
3位 左 (嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん)


単純に絵が上手いという人なら、他にもいくらでもいると思います。
僕が選んだ基準は、作風との相性と絵柄の好みの2点です。
自分もこんな絵が描ければなぁと常々思わされますね。


最後に好きな作品を勝手にランキング予想。

1位 バカとテストと召喚獣
2位 「文学少女」シリーズ
3位 とらドラ!
4位 フルメタル・パニック!
5位 狼と香辛料
6位 とある飛空士への追憶
7位 キノの旅
8位 図書館戦争
9位 AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~
10位 君のための物語

前年と同様なら「灼眼のシャナ」「ゼロの使い魔」「バッカーノ!」辺りが10位前後に入ってくるんだろうけど……どれもこれも長いシリーズなので、読んでいないと当たり年なのかどうか分からないですね。
「BLACK BLOOD BROTHERS」は残念ながら知名度はそれほど高くないですしねぇ。

さてさて、自分が投票した作品やキャラクターがどのくらいまで行くか楽しみですね。

テーマ: ライトノベル

ジャンル: 小説・文学

タグ: このライトノベルがすごい! 

△page top

« 我が家にWiiがやってきた
バッカーノ! The Rolling Bootlegs »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/310-14d6c903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。