fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

薬屋のひとりごと アニメ第21話「身請け作戦」 

薬屋のひとりごと」アニメ第21話のネタバレ感想です。

しばらくシリアス展開続きだったのが、急にコメディ色強めの内容になるので落差が凄い。
どちらの路線も好きなので別に構わないですけどね。

猫猫とやぶ医者が仲良すぎる。
懐が広いというか細かいことを気にしないというか、猫猫の横暴さとやぶ医者のフレンドリーさがマッチした関係ですね。
いくら無能とはいえ立場的には明らかに逆らえないはずなのに、偉そうに指示する猫猫。
そんな猫猫をお嬢ちゃん呼びで可愛がっているやぶ医者が可愛いっていうのが面白可笑しい。

生い立ちが少し語られましたが、意外と苦労人なんですよね。
実家の製紙業が上手くいかなくなった理由を僅かなヒントで気付く猫猫が傍にいて良かった。

後半の7割は李白のエピソード。
地味に大好きな話で、アニメ化される際に楽しみにしていました。

白鈴が身請けされる噂を聞き、焦る李白と助言をする猫猫の関係性が面白い。
母親に近い姉みたいな存在である白鈴と一緒になることを好意的に捉えているのですから、李白の評価は高いですよね。
でもそれも納得で、壬氏からの援助を断って己が稼ぐと断言する李白の姿は格好良い。
男としては壬氏よりもよっぽど李白の方が魅力がありますよ。

勘違いして勝手に怒ったり落ち込んだりするのはギャグとしては面白いけど、不貞腐れている子供にしか見えません。
まぁ今回に限っては、ふんどしすら脱がせようとした猫猫が悪いですが。

ところで、赤子の猫猫が白鈴の母乳で育てられたって、一体白鈴は何歳なんだろうか。
当時にしろ、今現在にしろ、エロいというのは間違いないです。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 薬屋のひとりごと  薬屋のひとりごと(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

« ホロライブお気に入り配信2024年2月
カインドコックの家カトレア »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2759-78c755e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top