fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第14話「ネバーギブアップ」  

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第14話のネタバレ感想です。

2クール目のスタートでOPが変更となりました。
曲は前回同様にWEST.が歌っていますがこちらは可もなく不可もなく。
やはり興味が湧くのは映像の方で、劇中の限られたソースとは異なり迫力のある動きが楽しめます。
アルゼンチンとフランスと戦う様子を描いており、それ以外の国が全く出ていません。
おのずと2クール目で放送される範囲が予想が付きますね。

日本vsアルゼンチン、キックオフ。
この試合好きなんですよねー。

試合運びは天才ファン・ディアスの独壇場といって過言ではありません。
わずか前半10分でハットトリック達成は離れ業過ぎる。
側転・バク転からのオーバーヘッドキック、カーブをかけた前転シュート、トドメにドライブシュート。
どれもこれも派手で、こんなのリアルで目撃したら誰もがファンになってしまうのではないでしょうか。

彼が凄かったの確かですが、翼が不甲斐なかったのも正直あります。
まぁ突如いなくなった憧れのロベルト本郷がまさか今この場にいて観戦していると知ったら驚きはするでしょうけどね。

岬のドリブルが通用していないことって、振り返ってみても今までなかった気がします。
小学生時代に三杉と対戦した時だって、こうもあっさりボールが獲られるなんてことはありませんでしたし。
この辺りから翼と岬の実力差が広がっていったのかもしれません。

若島津もポンポンと点を獲られ過ぎなんですよね。
いかに日本国内での戦いとレベルが違うか、教え込まれています。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

« 2023年を振り返るPart4・アニメ
2023年秋クール終了アニメ感想 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2714-64b653b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top