fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

薬屋のひとりごと アニメ第10話「蜂蜜」 

薬屋のひとりごと」アニメ第10話のネタバレ感想です。

事件の真相に近付く大きな手掛かりを見つける重要回。
壬氏の命令で入水自殺したと噂される女官が仕えていた柘榴宮に潜入捜査する猫猫。
薬屋という名の探偵は今日も都合よく扱き使われます。

明らかに怪しく描かれる侍女頭の風明ですが、決定的な証拠は出ません。
里樹妃、蜂蜜、包帯、水死体。
ヒントは散りばめられていても、なかなか推理が難しいですね。
この時点で気付いた人はかなり鋭いと思います。
凄く丁寧に描かれているので、先の展開を知っている人間からすると親切だなとも感じるんですけどね。

これまでも酷いセクハラやパワハラはありましたが、指で掬った蜂蜜を舐らせるのは明確に一線を越えています。
いくらギャグっぽく描かれていても、これは気持ち悪い。
逆らえないからと分かっていて悪戯するのは、正直引きますよ。
ぶっちゃけ漫画で読んでいた時も壬氏の好感度が著しく低下しました。

高順は有能なんだろうけど、立場上口に出し辛いのは猫猫と同じだしなぁ。
そういう意味では玉葉妃が途中で遮ってくれて本当に良かったです。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 薬屋のひとりごと  薬屋のひとりごと(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

« SPY×FAMILY Season 2 アニメ第35話「リゾートを満喫せよ/休暇自慢」
Osaka Shion Wind Orchestra「ドラゴンクエストコンサート in 三重」 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2683-b9212572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top