fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編 アニメ第9話「大いなる旅立ち!」 

キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」第9話のネタバレ感想です。

国際ジュニアユース大会、開幕。
オープニングゲームの日本vsイタリアが始まりました。
子供の頃は何も気にしていませんでしたけど、普通だったら開催国のフランスが1試合目ですよね。

ここからがSeason2の本番といっても過言ではありません。
試合描写がどうなるかと期待と不安半分ずつでしたが、うーんちょっと微妙かなぁ。
スピード感の欠片もない描写に苦笑いしてしまいました。
確かに原作漫画が瞬間的な場面に台詞量が膨大ですから、そのままアニメにしてしまうとノロノロしていると感じてしまうんですよね。
構成やシーンの切り取り方で見せる手法はあると思うのですが、残念ながら止め絵が多くて面白味が薄い。
ぶっちゃけ漫画の方がよほどスピーディーかつ迫力がありましたね。

内容的なところでツッコミ満載なのは、キャプテン翼の伝統芸。

フリーキックで翼がドライブシュートを撃つと見せかけて松山のイーグルショットで壁の下を狙う戦法はいい狙いでした。
ただ、ヨーロッパ№1キーパーと噂されるヘルナンデスは余裕のキャッチング。
シュートの前に止められることはあっても、キーパーに取られたのは初めてだったと思います。
すぐに只者ではないと分かります。

とはいえ、いくらなんでもゴール前で翼にボールを渡してドライブシュートを促すのはさすがにどうなんだ。
自信があるとはいえリスキーすぎるし、そもそも意味がない。
結果的にはドライブシュートも阻んでみたものの、翼はいうほどショック受けていませんでしたしね。

ひたすら翼のワンマンっぷりが目立つ展開。
国内では良い勝負したライバルたちも代表になると埋もれてしまってみえます。
そりゃあイタリア代表も翼だけを敵視するわけですよね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: キャプテン翼  キャプテン翼第4作2期(話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

« フィギュア開封No.015 STEINS;GATE Corefulフィギュア 牧瀬紅莉栖
2023年11月 個人的注目ニュース »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2674-ca929ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top