fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

青のオーケストラ アニメ第21話「ユーモレスク」 

青のオーケストラ」アニメ第21話のネタバレ感想です。

青野、覚醒回。
振り回されっぱなしだった彼が様々な壁にぶち当たり、乗り越えたことで一皮むけました。

青野の父親が言う通り、音楽は心を乗せて伝えるもの。
メンタルが落ち着いた今だからこそ弾くことが出来た音なのでしょうね。
回想で父を信頼していたからこそ裏切られた反動が大きかったのが分かります。
それでも、教えてもらったことが全て無駄になるわけではないのも確か。
この境地に辿り着くためには、どうしても時間が必要だったのだと思います。

原作でも非常に素晴らしかった「ユーモレスク」回ですね。
有名な曲ですけど、演奏を聴くまでタイトルを知らなかったため連想できませんでした。
軽やかなステップで自然と笑顔が綻ぶようなイメージを思い浮かべられたのは演奏のおかげですね。
もっと平坦な弾き方もあったと思いますけど、ゆったりとした中でも浮足立つような印象を抱かせてくれたのは、素晴らしい演奏技術によるものだと思います。

作画が過去イチで良かった。
微妙なCGシーンを作るぐらいなら、風景映像で音楽に深みを与える演出は正解だと思う。
あと重要なのは律子が可愛いかったこと。
女の子の顔が崩れ気味だったのが本当にもったいなかったからなぁ。
ずっとこのレベルだったら、もっと良いアニメになったのにと惜しくなるほどでした。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 青のオーケストラ  青のオーケストラ(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

« わたしの幸せな結婚 アニメ第12話「暗闇の中の光」
『トモダチゲーム』23巻 感想 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2608-37b77d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top