fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

わたしの幸せな結婚 アニメ第10話「夏の桜、そして過ち」 

わたしの幸せな結婚」アニメ第10話のネタバレ感想です。

今回から漫画単行本の内容を追い抜きましたので、個人的にも未読の内容となってきます。

薄刃家に訪れた美世と清霞。
鶴木新が本当は薄刃新という名前で美世の従兄であること、そして母方の祖父が薄刃家当主であることが明かされます。
幼くして母と死別し、実家で虐げられてきた美世にとっては待望の味方となってくれる血縁関係だったはず。
しかし、今になって美世の前に現れたのは発現した異能の力が目当てでした。

清霞が怒るのも無理はない、というか本人たちの前で堂々と言うことかとさえ思います。
むしろ何かしら他の理由を隠すためのパフォーマンスなのではないかと疑いたくなるレベル。
いずれにしても非協力的な態度は残念です。

相変わらず美世は迷惑をかけたくない一心で己の気持ちを表に出せませんね。
これまでの過去や環境のせいで簡単には変わることが出来ないと分かっていても非常にもどかしい。
だからこそ表面通りに受け取ってしまう清霞に対して、葉月の叱責が頼もしかった。
きっと今度こそ美世を連れ帰ってくれるでしょう。
人命にかかわる仕事をしているが故に美世を優先できないのは仕方がないですね。

以前の斎森家に乗り込んだ時は一方的な蹂躙だったので、本格的な異能バトルは初めてになりますね。
安定した作画はアクションシーンでも健在で素晴らしかった。
正直ここに力を注がなくてもいいはずなのに、手を抜くどころか見応え十分で感心させられましたね。
銃弾を剣で斬るほどの身体能力があるとは予想外でしたよ。

異能要素は程々にして、美世と清霞のラブストーリーを重厚に描いて欲しいな。
最終回まで残り2話程度でしょうから綺麗にまとめてくれると嬉しいです。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: わたしの幸せな結婚  わたしの幸せな結婚(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

« 『薬屋のひとりごと』4巻 感想
青のオーケストラ アニメ第19話「君として」 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2595-d245b6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top