fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

【推しの子】 アニメ第10話「プレッシャー」  

【推しの子】」アニメ第10話のネタバレ感想です。

圧倒的存在であり悲劇の死を遂げた伝説のアイドル、アイ。
転生前からの因縁が隠されている双子の片割れ、ルビー。
そんなメイン格の女性キャラが二人いるにも関わらず、作品としてのヒロイン役を担う女、その名は有馬かな

鯖を読んでいたMEMちょはもちろん、ルビーだって転生前の年齢を足したら実は一番年下なのが重曹ちゃんなんですよね。
芸歴が一番長いこともあって、みんなを引っ張ろうとする彼女の頑張りには頭が下がります。
緊張を平然と誤魔化したり、自虐が口癖になるまで自分を追い込んだり、苦労しすぎて性格がゆがんだり。
とにかく報われて欲しいなと思わされます。

自覚している通りチョロくて流されやすい女なのは心配になるレベルだけど、可愛くて良いと思いますよ。
アクアに対して面倒臭く拗らせているのは、ギャグ漫画だからこそ笑えます。
恋人でもないのに彼女面しているアホさ加減は、現実に居たら痛いを通り越してお近付きになりたくないほどですけども。

ぴえヨンに変装してまで重曹ちゃんたちのフォローをするアクアの真意はどこにあるんでしょうね。
主人公なのに一番心情が読めません。

ルビーとMEMちょが仲良くしているだけで楽しいな。
声優さんの演技のおかげでアニメで可愛さが倍増しています。

さて、遂に次回は最終回。
区切るならココしかないでしょうね。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: 【推しの子】  【推しの子】(アニメ話感想)  2023年放送開始アニメ 

△page top

« 『1日外出録ハンチョウ』7巻 感想
「Nintendo Direct 2023.6.21」個人的ピックアップ »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2531-6c712d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top