明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

ジャンプ新連載の「バクマン」が面白い件について 

今週のジャンプの新連載、小畑健と大場つぐみの「デスノート」コンビによる『バクマン』読了。

これ面白れぇ。

久々に1話からktkrと思った漫画ですね。
このクオリティが続くようであれば、単行本を揃えるのは確実だなー。

一言で説明すると、漫画家を目指すラブコメです。
どこまで信じていいものか怪しい業界の裏話や自己作品の自虐ネタが混ざっているのが面白い。

しかし、1話終わった時点ではどういう方向に話を広げていくのかさっぱり分かりませんね。
漫画の描き方講座のようなものになるのか、それとも普通にラブコメ中心に描いていくのか。
主人公が中学生だから、それほど遠くないうちに数年後まで話が飛びそうな予感はする。
ジャンプ版こみっくパーティーという認識でいいんでしょうかね。
惜しいのは、あまり長く続けられるテーマではないなというのが明白なところですね。

絵に関しては、定評のある作者ですので心配なし。
「ヒカルの碁」や「デスノート」の頃に比べると、ちょっと崩した絵になってますが、この漫画ならそれもありかなと。
あとはヒロインの亜豆さえ可愛く描いてくれれば満足です。

最後まで面白いまま読み終えられる漫画が少なくなっているので、『バクマン』には期待したいところですね。

テーマ: 週刊少年ジャンプ全般

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: バクマン  小畑健  大場つぐみ 

△page top

« ブレイク秒読み段階に入った「とらドラ!」
発光式の日時について »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/253-ce53b0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。