fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

『まったく最近の探偵ときたら』5巻 感想 



まったく最近の探偵ときたら」5巻のネタバレ感想です。

ボケの数が異常過ぎて2コマに1回は笑っているレベル。
こんなにギャグが忙しい漫画はそう見当たりませんよ。

絶妙に予想を外したり意識をズラされたりするものですから、やられたって笑いが多いのも特徴です。
アズハ特製湿布の副作用で名雲が「異性の好きな部位を口走っちゃう病」になったという前段階を踏まえた上で大オチの「おっぱい」を想像させないのは素晴らしい構成ですね。
伏線を仕込んだ見開き2ページだけでも「真白のスマホ待ち受けが謎のオジサンと殴りがった後に肩を組む姿」「指先に米粒がめっちゃついている」「真白の腕がにちゃにちゃ鳴る」と情報過多なボケ連発するので上手い具合に隠れてしまいます。

本作品の真ヒロイン、マキちゃんが可愛すぎて毎度惚れ直します。
初っ端からいつもと違う編み込んで束ねた髪型が滅茶苦茶キュート。
JK時代の写真はちょっぴり年代を感じさせましたけど、可愛いからヨシ。
秘書、イベントコンパニオン、銀行員と元が美人なので全部似合ってますね。
過去を暴露されて顔を真っ赤にさせる流れも含めて素晴らしかったです。

そんな彼女の休日を描いた第28話は非常に贅沢なエピソードでした。
見えないところで頑張ってる人は男女問わず魅力的ですね。
入浴シーンで笑みを浮かべるところは実に小悪魔的。
思わずページをめくる手が止まって見惚れてしまいました。

遂にYO(ヤベエおじさん)四天王、勢揃い。
時にはウンコも漏らす、乳首試食おじさん。
中二病的な格好良い発言でギャップが激しい、十字胸毛おじさん。
妄想の娘の名前を彫って泣くほど後悔している、ロープ大好きおじさん。
挙動不審、名雲圭一郎。
こんなのが闊歩していたら、そりゃあ警察は問答無用でしょっぴくでしょうね。

あ、珍しく根津が登場したけど、それはどうでもよいです。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: まったく最近の探偵ときたら  まったく最近の探偵ときたら(巻感想)  五十嵐正邦 

△page top

« 『花は咲く、修羅の如く』3巻 感想
おとなりに銀河 アニメ第9話「姫と温泉」 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2521-0e208670
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top