fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ダイの大冒険 アニメ第100話「さらば!愛する地上よ」 

ダイの大冒険」アニメ第100話のネタバレ感想です。

2年前より始まったリメイク作品も遂に最終回を迎えました。
また打ち切りされないかと心配していましたが、最後まで放送してくれて本当に良かったです。

「この腕で勝利をの巻」の途中から始まり、残り原作3話分である「さらば!我が友の巻」「さらば!!大魔王の巻」「さらば!!!愛する地上よの巻」をまとめた内容。
ラストバトル、ボス撃破後の余韻、最終局面の大どんでん返しが描かれています。

ダイの元に真魔剛竜剣が突き刺さった時の興奮と、一撃で折れてしまった時の残念さが原作通りすぎました。
シリアスな場面なんだけどあまりにもあっさり折れちゃったように見えるから、笑いが込み上げてしまいます。
背景のバランのショックな顔もギャグに映っちゃうんですよね。

漫画最終回付近でよくある台詞無しの手法はアニメでは使われませんでした。
雄たけびや呻き声などは演出上あった方がいいと判断したようです。
実際その方が迫力あったので正解だと思いますね。

内容を知っていても、ポップの台詞「閃光のように」を思い出して最後の一撃を繰り出す流れは熱くなります。
逆手で大魔王を真っ二つに割るのは、アバンストラッシュの構えであったことも意識しているのでしょうね。

キルバーンとピロロの声優さんがどちらも吉野裕行さんだったことに今更気付きました。
正体を明かす場面で徐々に声色を変える演技にゾクっとさせられました。
これはアニメでしか出来ない素晴らしい演出でしたね。

演出の違いといえば、Cパートは原作でクレジット表記のあった語りの部分。
ポップ達の台詞が追加されていて、ちょっとだけ新しい彼らを垣間見ることができて嬉しかったです。

ピロロが倒れるエフェクトが、魔物が倒れた感じではなく転移したように見えました。
これは生死不明にさせて、魔界編の再登場を匂わせていると噂されているようですね。
個人的には綺麗に終わっているので、魔界編はなくてもいいと思っています。
もし作るとしても、漫画やアニメではなくアナザーストーリーとして楽しめるゲームにして欲しいですね。

何はともあれ2年間、制作スタッフの皆様お疲れ様でした。
原作が好きなスタッフが作ったことが分かる実に熱意のこもった作品に仕上がったと思います。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ダイの大冒険  ダイの大冒険(アニメ話感想)  2020年放送開始アニメ 

△page top

« SPY×FAMILY アニメ第16話「ヨル’sキッチン/情報屋の恋愛大作戦」
些細な日常の変化 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2346-c8b44f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top