fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ぼっち・ざ・ろっく! アニメ第2話「また明日」 

ぼっち・ざ・ろっく!」アニメ第2話のネタバレ感想です。

面白く観ることはできました。
それと同時にもっと面白く出来るはずという思いも抱きました。


改変ってほどではないですけど、アニメならではの再構成はされていますね。
原作の四コマ漫画のままアニメにすると起承転結のテンポが激しくなるので、一度なだらかにして作り直した感じ。
一つの作品としてはまとまっているけれど、若干ボケの頻度と威力が落ちているのは勿体ないかな。
あえて流したオチも複数個所見受けられました。

演出面だと、ぼっちちゃんの台詞が発声しているのか心の声なのか分かり辛いのも惜しい。
妄想を突っ走っているが故に突飛な発言をするのがぼっちちゃんの特徴なので、もっと目立たせてもらいたかった。

水風呂に入る際や下着姿で演奏するシーンを水着に変更したのはエロを遠ざけたかったのかな。
今回は別にどっちでもよかったんですけど、意外と着やせするタイプというアンバランスさも売りの一つだと思うので、あまり露骨にカットしないて欲しいですね。

逆に思い切った変化はなかなか興味深かったです。
青春コンプレックスの話でまさかの実写映像を流すとは予想外も良いところでしたが、実に効果的だったと思います。
眩しすぎてダメージ喰らった視聴者もいるのではないでしょうか。

ライブのバイト中に男性バンドグループが演奏しているのも個人的には評価したい。
きらら作品は家族以外の男性がほぼ登場しない世界観なのですが、違和感バリバリですからね。

虹夏が原作よりも性格が良いなと感じました。
ぼっちちゃんのフォローをしている今のうちと言えなくもないですが。

リョウの初期ってこんなに可愛かったんだなと思い出しました。
いや、別に話が進むにつれて可愛くなくなるわけではないんですけど、演技だとしても表情の変化があると魅力的に見えますからね。

原作読んでいた時は気付かなかったのですけど、ぼっちちゃんの平日スケジュール鬼すぎませんか。
学校終わってバイト先直行して、その後2時間かけて家に帰るってしんどすぎる。
学生の頃から社畜みたいな働き方していたら潰れちゃいますよ。

テーマ: アニメ

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ぼっち・ざ・ろっく!  ぼっち・ざ・ろっく!(アニメ話感想)  2022年放送開始アニメ 

△page top

« SPY×FAMILY アニメ第15話「新しい家族」
SPY×FAMILY アニメ第14話「時限爆弾を解除せよ」 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2341-2f5d2dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top