fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

『クズとメガネと文学少女(偽)』2巻 感想 



クズとメガネと文学少女(偽)」2巻のネタバレ感想です。

2巻も同様の面白さが継続しています。
それだけにここで完結なのが釈然としません。
元々短期連載だったとは思えないので、残念ながら打ちきりだったんでしょうか。

クズだったり偽物の文学少女だったりと言い方はそれぞれですが、一言で言えば全員バカです。
本人たちは至って真面目なのがシュールさを引き出していて、ギャップが面白いことになっています。

基本的にアホの子である織川を愛でる作品ですね。
彼女がツッコまれて言い訳するたびに己のアホさを披露する流れが鉄板です。

織川が全校生徒にパンツ公開していた話、思った以上に引っ張りましたね。
意外と繊細な心の持ち主だったのかと言っちゃうと可哀相でしょうか。
いやでもなぁ、あんな痛々しい格好を年がら年中していたら中二病と高二病のダブルで発症しているようなものだし。
古河と守谷がデキていると勘違いして、素っ頓狂なアドバイス送るような娘ですしね。
残念ヒロインさ加減が愛らしく、でも近寄ると面倒臭そうなので遠くから見守りたいなと思わされます。

下ネタや卑猥な単語を恥じらうことなく投げかけてくる図書委員長もいいポジショニングでした。
主に織川を弄る役柄として場を掻き乱してくれましたね。
おかげでダメージ負って苦しんだり、ちょろ可愛い姿などを見せてくれました。

まるで最終回らしくない終わり方で締めたので、完結と言われなければ気付かないですね。
本当に面白かったので惜しいなぁ。
これは作者の別作品にも手を出してみたくなりました。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: クズとメガネと文学少女(偽)  クズとメガネと文学少女(偽)(巻感想)  谷川ニコ 

△page top

« 『味噌汁でカンパイ!』8巻 感想
『この会社に好きな人がいます』11巻 感想 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2218-11fd44b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top