fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

『ちはやふる』30巻 感想 



ちはやふる」30巻のネタバレ感想です。

全国大会の団体戦開始。
千早たち3年生にとっては皆で臨める最後の大会なだけに感傷的になります。

この作品を知る前までは、百人一首って早く札を取る以外に大きな差はないと思っていました。
しかし、バラエティ豊かなキャラたちが様々な違いを見せてくれたおかげで奥深さを教えてくれました。
それを科学的な分野から分析するテレビ番組特集を作中でやってくれるのは面白い。

桜沢先生の人気が絶大すぎる。
過去にクイーンとなった人たちよりも人望がありますよね。
もちろん中身も素晴らしいのでしょうが、この美貌は虜にされても仕方がないです。
アラフォーの結婚なんてアイドルだって悲観より祝福の方が多いと思われるのに、どんだけ熱狂的なんだ。

机くんの発案で感想戦を取り入れたのは正解だと思う。
将棋並みに振り返りの効果が絶大だと思うので、強くなるためには必須でしょう。
筑波の言う通り、感想戦って自分のことが客観的に見えてくるので上達しやすくなると思います。

予選ブロックはあっさり終わり、準決勝が開始。
対戦カードは昨年の決勝であたった瑞沢vs富士崎。
真の見所は次巻ですね。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: ちはやふる  ちはやふる(巻感想)  末次由紀 

△page top

« 『トモダチゲーム』20巻 感想
可愛いだけじゃない式守さん アニメ第1話「僕の彼女はとてもかわいい」 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2169-ecdcd9b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top