fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

『であいもん』11巻 感想 



であいもん」11巻のネタバレ感想です。
新章突入で表紙のデザインも一新されています。

一果の中学生編開始。
カラフルな制服に身を包んだ一果の幸せそうな顔が見れて、両親と再会できたのが本当に良かったなと思います。

漫画のよくあるパターンだと中学入学で子供の見た目が成長しますけど、地続きの物語なので一果はあまり変化はありません。
しかし、久々に登場した鳴戸みゆ先輩は参照絵がなければ分からないくらい成長しましたね。
というか、年上だったこともすっかり忘れていましたよ。
見学を誘われる形で入部を決めた茶道部は、これ以上ないくらい一果にピッタリの部活ですね。
和菓子のエピソードも絡められますし、新しい物語が期待できそうです。

結局、一果は親元に戻らず緑松で過ごすようで。
タイミング的には進学して心機一転するので悪くはないはずなんですけどね。
それだけ一果にとって緑松が大事ってことかな。

いつも通り、和に対してだけクールな対応する一果が鉄板で楽しい。
和の提案を真顔で断る一果が面白過ぎました。

予想通り、和に焦点を当てた話が今後のメインとなりそうな布石というか伏線が仕込まれています。
同期会の息子や娘で交流を深めるのは、どうみてもそういうことですよね。
職人ではないことから、全員の力で大きな物事を達成させるような展開がありそう。

今回は恋模様に動きナシかなと思っていたら、最後の最後に面白い展開が待っていました。
これが所謂シリアスな笑いってやつですか。
和にじゃれ付く女装の咲季君を見て驚愕する佳乃子と美弦ちゃんが真剣であればあるほど落差が生まれて面白い。

この引きは卑怯だー。
続きが気になって仕方ないですもん。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: であいもん  であいもん(巻感想)  浅野りん 

△page top

« 『アオアシ』22巻 感想
『恋は世界征服のあとで』1巻 感想 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/2102-346cfc20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top