fc2ブログ

明日へと続く記憶

漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』23巻 感想 



かぐや様は告らせたい」23巻の感想です。

前回、遂にシリアス本編であるvs四宮家の開幕と謳っていたのに、蓋を開けてみればら石上&ミコの恋愛事情編がスタートしていました。
ぶっちゃけ四宮家関連の話は重たすぎるので、こちらの方が断然読みたい内容で良かったです。

まさに第二部開始、いや第三部といった感じでしょうか。
新たな作品を読んでいる感覚もあって、またこれからしばらく楽しめそうで嬉しいですね。

裏主人公としてキャラ紹介されていた石上は「燕の子安貝」編が第二部の顔だとすると、「仏の御石の鉢」編はミコちゃんが主役のエピソードなのかな。
ミコちゃんと大仏の関係にヒビが入ったところで終わっちゃったので、早くも続巻が待ち遠しい。
何だかんだで分かりやすい性格ばかりの生徒会メンバーと比較すると、つばめ先輩や大仏などの難題女子は癖が強いですね。
本格的に物語に絡んできた不知火ころもは今のところ至って普通ですけど、同じく難題女子と言われる理由が隠されていそうです。

ミコちゃん頑張っていると思うけど、どうしてこんなに危ういんだろうか。
読者だけでなく周囲からもそんな認識なもんだからパパ活していると思われるんですよね。
白銀父ほど安心できる大人は作品内では珍しいはずなのに。

付き合い始めて精神的に余裕ができた白銀とかぐやが前作の主人公臭漂わせてますね。
登場頻度が下がっていたり、的確にアドバイスする強キャラ感があるところなどそれっぽい。
言葉では言い表し辛いですけど、こういうポジションの変換は結構好きです。

藤原に付き合っていることを話したことで、生徒会室で隠す必要がなくなったことが大きいのでしょうね。
そういえば、藤原はもっと我が儘言い散らかすと思っていたので、案外物分かりが良くて驚きました。
まぁそれでも3話かけているわけですがね。

それこそ大仏の意見ではないですが、あれだけつばめ先輩に焦がれていた石上が簡単に心変わりするところはみたくないので、ミコちゃんENDになるにしても丁寧に時間をかけて物語を紡いで欲しいなと思います。

テーマ: 漫画の感想

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: かぐや様は告らせたい  かぐや様は告らせたい(巻感想)  赤坂アカ   

△page top

« 『アルテ』15巻 感想
『月刊少女野崎くん』13巻 感想 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1953-be982835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top