明日へと続く記憶

アニメ、ゲーム、ライトノベルの感想を書いたり、絵を描いたりしています。

04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

『NARUTO -ナルト-』 最終回 

NARUTO -ナルト-』が15年に及ぶ物語に幕を下ろしました。

全700話、そして70巻以上となる単行本は、少年ジャンプ史上においても指折りの長期連載ですね。
最終回の事前告知もあり、カウントダウンとなったこの1ヶ月は、多くのネットニュースで取り上げられました。
海外ファンが熱中的なことで知られる作品だけに世界的な反響があったことでしょう。

正直、ガッツリと語れるほど詳しいわけではありません。
単行本を購入したこともないですし。
それでもこれだけ長い間連載していた作品が終わるとなると、やっぱり物悲しさは感じてしまうものですね。

記憶が確かならば、おそらく自分はアニメから入りました。
アニメで中忍試験辺りを放送し始めたところから原作を読み始めました。
今でも中忍試験からサスケ奪還編までが一番面白かったところだと思っています。
あの頃はアニメも漫画もワクワクしましたね。

第二部になってからペースダウンしたのが勿体無かった。
やりたいことは分かるんですが、話数を掛け過ぎてしまいましたね。
その割にはラストのナルトvsサスケは短かったというか、相対的に物足りなさを感じてしまいました。
サスケの改心が表面的にもう少し段階的に出ると良かったかもしれません。

とはいえ、最後の699話と700話の展開は王道でいい締め方だったなと思います。
これだけ長い連載だったんですから、ベタでいいんですよ。うん。
海賊マークはやりすぎでしたけど……。

カプに興味はないですが、公式でナルトとヒナタがくっ付かせるのには驚きました。
サクラはメインヒロイン格だったのに人気投票などでもなかなか上に行けませんでしたしねぇ。

ちなみに、個人的に好きなキャラはシカマルとリーでした。
両極端な二人ですが、どちらも己の信念を持って戦う姿が格好良かったです。

どうやらまだNARUTOの物語には続きがあるみたいですが、ひとまずは長期の連載お疲れ様でした。
岸本先生の次の作品も期待しています。

テーマ: NARUTO

ジャンル: アニメ・コミック

タグ: NARUTO 

△page top

« 来年から本気を出す
「食戟のソーマ」アニメ化 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://akikakeru.blog117.fc2.com/tb.php/1823-be9eac1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。